« 神武帝と天武帝の陵墓は極めて近接 415 | トップページ | 崇神帝のお子様は六男六女 417 »

2013年3月31日 (日)

崇神帝と意富多多泥古の登場 416

 いよいよ崇神帝の時代へ。
 ここでは大物主大神の末裔、意富多多泥古(おおたたねこ)が
 登場します。先ずはその箇所の古事記原文を。

御眞木入日子印惠命
坐師木水垣宮
治天下也
此天皇
娶木國造名荒河刀辨之女(刀辨二字以音)
遠津年魚目目微比賣
生御子
豐木入日子命
次豐鉏入日賣命(二柱)
又娶尾張連之祖
意富阿麻比賣
生御子
大入杵命
次八坂之入日子命
次沼名木之入日賣命
次十市之入日賣命(四柱)
又娶大毘古命之女
御眞津比賣命
生御子
伊玖米入日子伊沙知命(伊久米伊沙知六字以音)
次伊邪能眞若命(自伊至能以音)
次國片比賣命
次千千都久和(此三字以音)比賣命
次伊賀比賣命
次倭日子命(六柱)
此天皇之御子等
并十二柱(男王七 女王五也)
故伊久米伊理毘古伊佐知命者
治天下也
次豐木入日子命者(上毛野君 下毛野君等之祖也)
妹豐鉏比賣命者(拜祭伊勢大神之宮也)
次大入杵命者(能登臣之祖也)
次倭日子命(此王之時 始而於陵立人垣)
此天皇之御世
疫病多起
人民死
爲盡
爾天皇愁歎而
坐神牀之夜
大物主大神
顯於御夢曰
是者我之御心
故以意富多多泥古而
令祭我御前者
神氣不起國安平
是以驛使班于四方
求謂意富多多泥古人之時
於河内之美努村
見得其人貢進
爾天皇
問賜之汝者誰子也
答曰
僕者大物主大神
娶陶津耳命之女
活玉依毘賣
生子
名櫛御方命之子
飯肩巣見命之子
建甕槌命之子
僕意富多多泥古白
於是天皇大歡以
詔之天下平人民榮
即以意富多多泥古命
爲神主而
於御諸山拜祭意富美和之大神前
又仰伊迦賀色許男命
作天之八十毘羅訶(此三字以音也)
定奉天神地祇之社
又於宇陀墨坂神
祭赤色楯矛
又於大坂神
祭黑色楯矛
又於坂之御尾神
及河瀬神
悉無遺忘
以奉幣帛也
因此而役氣悉息
國家安平也

 読み解きは来週に。                                         続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P23の11行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 神武帝と天武帝の陵墓は極めて近接 415 | トップページ | 崇神帝のお子様は六男六女 417 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神武帝と天武帝の陵墓は極めて近接 415 | トップページ | 崇神帝のお子様は六男六女 417 »