« 稲置・宿禰の姓が出現 411 | トップページ | 前方後円墳の造形美 413 »

2013年3月 3日 (日)

建内宿禰=武内宿禰のご子息 412

 建内宿禰=武内宿禰のご子息達はメジャーなご先祖さん達。

 波多八代宿禰は
 波多臣
 林臣
 波美臣
 星川臣
 淡海臣
 長谷部(はつせべ)君

 許勢小柄宿禰は
 許(巨)勢臣
 雀部(さざきべ)臣
 軽部臣

 蘇賀(我)石河(川)宿禰は
 蘇賀(我)臣
 川辺臣
 田中臣
 高向(たかむく)臣
 小治田(おはりだ)臣
 桜井臣
 岸田臣

 平群都久宿禰は
 平群(へぐり)臣
 佐和良臣
 馬御樴(うまのみくひ)連
 
 木(紀)角宿禰は
 木(紀)臣
 都奴(つぬ)臣
 坂本臣

 葛城長江曾都彦は
 玉手臣
 的(いくは)臣
 生江(いくえ)臣
 阿芸那(あぎな)臣

 若子宿禰は
 江野財臣

 上記中で一番のメジャーは何と云っても蘇我臣。
 先月9日に 「蘇我馬子邸は宮殿並み?」(TOKYO Web)
 蘇我馬子邸とされる奈良県明日香村の島庄遺跡から
 1m以上の柱穴八基が確認されたとの事。
 蘇我馬子のお姉さんと妹さん、
 堅塩媛(きたしひめ)小姉君(おあねのきみ)は29 欽明帝の奥様。
 堅塩媛は31用明帝と33推古帝をこの世に。
 小姉君は32崇峻帝を。
 又、馬子のご子息は蘇我蝦夷・蘇我倉麻呂ら
 そしてお嬢さん達は
 河上娘(かわかみのいらつめ)・・・32崇峻帝の奥様
 刀自古郎女(とじこのいらつめ)・・・聖徳太子の奥様
 法提郎女(ほていのいらつめ)・・・34 舒明帝の奥様
 とされています。
 それは・それはかの時代、蘇我氏は華麗なる一族だったのです。
                                                                続く。

|

« 稲置・宿禰の姓が出現 411 | トップページ | 前方後円墳の造形美 413 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稲置・宿禰の姓が出現 411 | トップページ | 前方後円墳の造形美 413 »