« 容姿麗美な勢夜陀多良姫 399 | トップページ | 大久米命の黥面= アイメーク 401 »

2012年12月 2日 (日)

大久米命が愛のキューピット 400

 容姿端麗で 「神の子」、伊須氣余理姫。
 「神の子」 と云われる由縁は父親が大国主神=大物主神。
 と古事記原作者は仕立てています。
 なぜ、大国主神=大物主神が 「神の子」 されたのは此処では
 置いておきます。
 さて、男女の出逢いはお節介な 「仲人(なかびと=なこうど)」 の
 存在が欠かせません。
 現在でも
 キューピットの存在無しのルンルン仲良しお二人の結婚式。
 しかしながら
 結婚式場では形だけ 「媒酌人(仲人)」 を設定します。
 又、昨今の仲人は 「合コン設定企画業(人)」。
 一昔前までは仲立ちが大好きでホントにお節介なお婆さん。
 そして、
 婚姻の望む神倭伊波礼彦(神武帝)と
 神倭伊波礼彦(神武帝)が所望した伊須氣余理姫との
 愛のキューピッド=橋渡し役=仲人は大久米命。
 大久米命は何とか彼女・彼を繋げようと思い一生懸命ご努力。
 たまさか、運良く、伊須氣余理姫を含め乙女?7人が
 「高佐士野」 へピクニック。
 この絶好の機会を見つけ大久米命は
 お近くにいらした神倭伊波礼彦(神武帝)に 「歌」 で尋ねます。
 
 夜麻登能(やまとの)
 多加佐士怒袁(たかさじを)
 那那由久(ななゆく)
 袁登賣杼母(をとめども)
 多禮袁志摩加牟(たれをしまかむ)

 どうもこの高佐士野ピクニック企画は伊須氣余理姫だったようで
 彼女はこの7人のお嬢さんを引き連れ先頭にいらしたのです。
 神倭伊波礼彦(神武帝)は遠巻きに彼女らをご覧になり
 伊須氣余理姫の見目麗しさを確認し、
 大久米命に 「歌」 で答えます。

 加都賀都母(かつがつも)
 伊夜佐岐陀弖流(いやさきだてる)
 延袁斯麻加牟(えをしまかむ)

 やっぱり、伊須氣余理姫に胸きゅん・お気に召します。
 大久米命は神倭伊波礼彦(神武帝)のお気持ちを
 彼女らを追っかけ追いつき伊須氣余理姫にご伝達。
 見知らぬ?大久米命に伊須氣余理姫はびっくり。
 更に、大久米命の面(おもて)を確認すると
 何と彼の鋭い目には入れ墨 (「黥利目」) が
 施されいるのに二度ビックリコ。
 彼女は不思議に思い 「歌」 でお尋ねします。

 阿米都都(あめ つつ)
 知杼理麻斯登登(ちどり ましとと)
 那杼佐祁流斗米(などさけるとめ)
 
 貴男の鋭い目に何故入れ墨が有るのですか?
 それに対し大久米命は 「歌」 で答えます。

 袁登賣爾(をとめに)
 多陀爾阿波牟登(ただにあはむと)
 和加佐祁流斗米(わがさけるとめ)

 貴女に直接会おうと思い、入れ墨 (お化粧) をしたのですと。
 これで彼女の疑問を解消したのかしら?                続く。

|

« 容姿麗美な勢夜陀多良姫 399 | トップページ | 大久米命の黥面= アイメーク 401 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 容姿麗美な勢夜陀多良姫 399 | トップページ | 大久米命の黥面= アイメーク 401 »