« 豊玉姫命の妹、玉依姫命の登場 374 | トップページ | 神倭伊波礼毘古命(神武帝) 誕生 376 »

2012年5月27日 (日)

山幸彦 伍佰捌拾歳(580年)生存? 375

 お歳を召された方々はご存じとは思いますが、
 古い漢数字をお解りになる方は昨今は少ない筈。
 そこでご存じでない方にここで紹介致します。
 0=零 1=壱・壹 2=弐・貮 3=参・參 ここ迄は何処かで?
 ここからは余りお目にかかりません。
 4=肆 5=伍 6=陸 7=漆 8=捌 9=玖
 次に
 10=拾 100=佰・陌 1,000=仟・阡 10,000=萬
 麻雀をおやりになる方は最後の萬子(わんず)はご存じ。
 それでは、古事記の数字が出現する箇所を

 「日子穗穗手見命者
  坐高千穂宮
  伍佰捌拾歳」

 日子穗穗手見命者は火遠理命=山幸彦の事。
 その彼が「高千穂宮」に
 「伍佰捌拾歳」の間「坐(=在)」しましけり。
 この伍佰捌拾歳(=年)。
 上から、580年となるのです。
 すると、火遠理命=山幸彦は580年間生存した事に。
 幾ら何でも、
 火遠理命=山幸彦は仙人ではないのでこんな事はあり得ません。
 この580年について
 わたくしども ZIPANGU が
 この古事記訳で参考にさせて頂いている 「梅原猛」 さん(1925~)
 ですが、これにつきまして全くお触れになっておりません。
 又、いにしえでは 「本居宣長」 さん(1730~1801)
 はたまた、戦前の 「津田左右吉」 さん(1873~1961)
 更に、戦後の 「倉野憲司」 さん(1902~1991)
 らの皆さんも全くの触れず仕舞いです。
 昨今 「古田武彦」 さん(1926~)がやや触れておられる位。
 しかしながら
 「触らぬ神に祟りなし」 のスタンスではいけないと思うのです。
 古事記原作者はこの 「580年」 に必ずメッセージを挿入している
 と考えるのが自然では?
 単なる装飾数字とお茶を濁すのは余りにも失礼ではないかと。
 わたくしども ZIPANUGU は何れの御時に
 この数字を解きほぐそうと考えています。         
 ひとまず、この件はペンディングに。                          続く。

|

« 豊玉姫命の妹、玉依姫命の登場 374 | トップページ | 神倭伊波礼毘古命(神武帝) 誕生 376 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 豊玉姫命の妹、玉依姫命の登場 374 | トップページ | 神倭伊波礼毘古命(神武帝) 誕生 376 »