« 和邇魚は海人の暗(隠)喩では 370 | トップページ | 豊玉姫命のお産にあたり 372 »

2012年4月29日 (日)

豊玉姫命のお産 古事記原文 371

 今回は豊玉姫命と火遠理命=山幸彦とのお子さん誕生シーン。
 火遠理命=山幸彦の情けない振る舞いにトラブル発生。
 取り急ぎ、そこの古事記原文から。

於是海神之女
豐玉毘賣命
自參出白之
妾已妊身
今臨産時
此念
天神之御子
不可生海原
故參出到也
爾即於其海邊波限
以鵜羽爲葺草
造産殿
於是其産殿未葺合
不忍御腹之急故
入坐産殿
爾將方産之時
白其日子言
凡佗國人者
臨産時
以本國之形産生
故妾今以本身
爲産
願勿見妾
於是思奇其言
竊伺其方産者
化八尋和邇而匍匐委蛇
即見驚畏而
遁退
爾豐玉毘賣命
知其伺見之事
以爲心耻
乃生置其御子而
白妾恒通海道
欲往來然
伺見吾形是甚◎之  ◎は作の人偏が立心偏
即塞海坂而返入
是以名其所産之御子
謂天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命
(訓波限云那藝佐 訓葺草云加夜)

 来週読み解く事に。 乞うご期待。                            続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書の古事記上巻P67の6行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 和邇魚は海人の暗(隠)喩では 370 | トップページ | 豊玉姫命のお産にあたり 372 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和邇魚は海人の暗(隠)喩では 370 | トップページ | 豊玉姫命のお産にあたり 372 »