« 肉食系の火遠理命=山幸彦の合理主義 363 | トップページ | 綿津見神(海神)の宮 古事記原文 365 »

2012年3月11日 (日)

火遠理命=山幸彦 綿津見神(海神)の宮へ 364

 「善なるアクター」、火遠理命=山幸彦は途方に暮れ、
 センチにも海辺でしくしく泣く始末。
 その時、突如、塩椎神(しおつちのかみ)が現れ出でます。
 子供の様に泣きじゃくる山幸彦に彼は優しく問いかけます。
 「一体、どうしたの?」 と。
 山幸彦は塩椎神にこの間の事情を切々と訴えます。
 山幸彦は彼に何の疑問を持たず答えていますので
 以前にお会いになった事がある感じ。
 山幸彦に経緯(いきさつ)を聞いた塩椎神は
 「それでは、貴男に良い方策を授けましょう。」 と
 即、(「无間勝間」) の小舟を作り、それに山幸彦を乗せて
 次の様に諭(さと)します。

 「私がその小舟を押し流します。暫く沖に出るのです。
  さすれば、良い潮路が待っています。
  その潮に任せ小舟を操りなさい。そうこうしている内に、
  やがて 『龍宮城(「如魚鱗所造之宮室」)』 に辿り着きます。
  そこが海神(「綿津見神」)の住まう宮です。
  その竜宮城に辿り着いたらお邪魔され、門をくぐると井戸があり、
  その傍(かた)らに桂(「香木」)の木があります。
  その木の登り上に座っていて下さい。
  少し後に、「海神(綿津見神)」 のお嬢さんが貴男を見つけ
  きっと良い策をお教え下さいます。」

 と云う事で次なる展開を迎えるのです。
 ところで、ファンタスティックに思わず
 「如魚鱗所造之宮室」 を龍(竜)宮城としてしまいました。
 龍(竜)宮城ときたら、浦島太郎伝説になってしまいます。
 昨今話題の 「光より速い」 タキオンではなくニュートリノ。
 計測機器に不具合とクレームをつけられ再度実証実験とか。
 「玉手箱」 は 「タイムマシーン」 ではなく
 楽しい時空間は 「短く感じ」、
 辛く・悲しく・寂しい時空間は 「長ーく感じ」 る喩え話。
 従って、この 「如魚鱗所造之宮室」 は海神(綿津見神)の宮に。
 端的には海民の長(おさ)が住まう館なのです。
 「夢」も「希望」も「幻想」も無くしてしまうお話とお思いですか?
 それはとんでもない誤りです。
 現実を直視しそこを土台として「夢」・「希望」・「幻想」を膨らませ
 もし、そこへ近づきたいのなら 「果て無き努力」 をし続ける事です。
 土台(現場)から出発しない限り大願成就が無理ってもの。
 土台(現場)を忘れた 「夢」・「希望」・「幻想」 は絵空事。
 何て、前時代的な事を宣ってしまいましたので
 玉手箱の白煙で 「煙に巻いてしまう」 事にしちゃいます。
                                                                   続く。

|

« 肉食系の火遠理命=山幸彦の合理主義 363 | トップページ | 綿津見神(海神)の宮 古事記原文 365 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肉食系の火遠理命=山幸彦の合理主義 363 | トップページ | 綿津見神(海神)の宮 古事記原文 365 »