« 海幸彦と山幸彦 古事記原文 361 | トップページ | 肉食系の火遠理命=山幸彦の合理主義 363 »

2012年2月26日 (日)

魚食系の海幸彦と肉食系の山幸彦 362

 木花之佐久夜姫と邇邇藝命との息子さん達、
 火遠理命が山幸(佐知)彦。
 火照命が海幸(佐知)彦。
 ところで、古事記表記の 「佐知(さち)」 は 「幸」。
 この幸の本来の意味合いは
 「各相易佐知(幸)欲用」
 (おのおの、さち、相変(易)えて用いたい。) から、
 さち(幸)は
 山のさち(幸) ⇒ 猪・鹿・雉等々
 海のさち(幸) ⇒ 鯛・鮃・鮑等々 を取る 「道具」。
 その道具を用いて 「食糧」 を得、結果的に 「幸=幸福」 に。
 火照命の道具は魚を釣る海幸から釣り針= 「鉤(かぎ)」。
 火遠理命の道具は古事記には記載されていませんが
 山幸から 「矢」 になるのでしょう。
 と云う事は
 火照命はお魚を食す文化で火遠理命はお肉を食す文化を
 それぞれお持ちになっていたのかしら
 更に、この時代の 「しあわせ」 は 「食する事」 が一番で、
 空腹を満たす事が先ずは先決事項。
 「しあわせ (仕合せ)」
 チャンス・ラッキー・ハッピー時代はまだまだ先の事。
 ところで、
 火遠理命は日々の肉食に飽きたのか
 火照命に道具を変えて欲しいと提案します。
 ところが、火照命は肉食を好まなかった感じでこの提案を拒否。
 それでもお魚を食したい火遠理命は再度懇願。
 しかし、火照命はお断り。
 されど、めげない肉食系・火遠理命は三度目のお願い。
 この再三の要請にも火照命は首を縦に振りません。
 しかしながら、火遠理命の更なるプッシュに継ぐプッシュに
 さすがに魚食系・火照命は心が揺らぎ、
 火遠理命の気持ちを慮(おもん)ばかり
 淡泊にも折れてしまいます。
 お魚好きの火照命は肉食系・火遠理命の脂ぎったねちっこさに
 根負けしてしまったのでしょう。
 又、一日二日ほど食さなくても堪えようを思ったのかも?
 (彼は端から猟などしようとは思わなかったのではないでしょうか。)
 一方、念願の釣り針を手に入れた火遠理命=山幸(佐知)彦は
 早速、海での漁(りょう)に出かけます。
 ところが、どうしたことか火照命に大漁をもたらす釣り針を
 用いたにも関わらず、全く魚は釣れず、挙げ句の果てに
 その釣り針を魚に持って行かれ、失ってしまったのです。
 基本的に 「道具」 は所詮ツール。
 それを使いこなす力量が備わった方が 「匠」 に。
 「ノートと鉛筆」 が有っても 「(やる)気(持ち)」 が無ければ・・・。
 人と道具の調和が取れた時に
 道具は究極の力を発揮するものでは。            続く。

|

« 海幸彦と山幸彦 古事記原文 361 | トップページ | 肉食系の火遠理命=山幸彦の合理主義 363 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海幸彦と山幸彦 古事記原文 361 | トップページ | 肉食系の火遠理命=山幸彦の合理主義 363 »