« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月27日 (日)

竺紫日向之高千穗??? 350

 突然の血脈説明が終わりを告げ、本題?に戻る古事記。
 いよいよ、邇邇芸命一行らは高天原を出発、
 彼らを遮る自然の猛威に堪えやがて、
 高天原と豊葦原中国の境、「天浮橋」 に到着。
 次の件(くだり)が古事記研究者にとって厄介な箇所。
 取り急ぎその表現は

於天浮橋
宇岐士摩理蘇理多多斯弖(自宇以下十一字亦以音)
天降坐于竺紫日向之高千穗之久士布流多氣(自久以下六字以音)

 先ず、宇岐士摩理蘇理多多斯弖のすべて音でと言われても・・・。
 「うきしまりそりたたして」 ここはちんぷんかんぷん。
 次の、竺紫日向高千穗の 「くしふるたけ」 って?

因みに、梅原猛さんはここを
 「筑紫の日向の国の、たいへん霊力があるといわれる高千穂の峰
  に天降りさせなさった。」 と訳されています。
 (神々の流竄 梅原猛著作集 8 集英社 P419)

 竺紫 筑紫
 日向 日向(ひむか=ひゅうが)国
 高千穗 固有名詞に

 この竺紫の表記は 「伊邪那岐命の服と小物」
 「到坐竺紫日向之橘小門之阿波岐(此三字以音)原而 禊祓也」
 として出現。
 伊邪那岐命が禊ぎをされた処です。
 日向 = 日向国と規定して九州 ⇒ 筑紫 = 竺紫 の構造に。
 これに従いますと、伊邪那岐命は今の宮崎県のどちらかで
 禊ぎをされたことに。
 日向の別読みは 「ひなた」、「ひむかい」。
 日が燦々、日の出る東と云う解釈は不可能に。
 又、高千穗を固有名詞とする場合、
 宮崎県西臼杵郡高千穂は宮崎県北部、
 更に、高千穂峰とすると宮崎県南部になるのです。
 真相は 「神のみぞ知る。」 って事で下駄を預けます。
 これが究明されると日本の生い立ちがきっと以て解るのでは?
                            続く。

| | コメント (0)

2011年11月20日 (日)

古事記出稿時の血脈説明 349

 ここに来て、突如、古事記は
 古事記出稿時代の明確な血脈説明に。
 取り急ぎ下記を。

 天兒屋命────→ (中臣連等之祖)
 布刀玉命────→ (忌部首等之祖)
 天宇受賣命───→ (猿女君等之祖) 猿の原文は獣偏に爰
 伊斯許理度賣命─→ (鏡作連等之祖)
 玉祖命者────→ (玉祖連等之祖)

 この内、中臣と忌部(いんべ)=(後の)斎部の名前は超メジャー。
 中臣氏と忌部氏は
 古代、朝廷の祭祀に携わっていたとされています。
 中臣連(むらじ)・忌部首(おびと)、
 この連・首は古代の姓(かばね)。   姓は称号(ステイタス)。
 古代には、
 臣(おみ)・連・首・造(みやっこ)・君(きみ)・
 直(あたい)・史(ふひと)・
 県主(あがたぬし)・村主(すぐり) 等々が。
 これらが古事記(712年)の出来上がる前に、天武帝が
 684年、八色(やくさ)の姓(かばね)を制定、政治改革を。
 八色の姓は皆さん日本史で覚えたとは思いますが、
 ヒエラルキー (階級) 順で、
 真人(まひと)・朝臣(あそみ)・宿禰(すくね)・忌寸(いみき)・
 道師(みちのし)・臣(おみ)・連(むらじ)・稲置(いなぎ)の8姓。
 この時点で、
 中臣氏は連ではなく、「朝臣」 に
 忌部氏は首ではなく、「宿禰」 に各々昇級。
 故に、古事記原作者は八色の姓制定以前の称号を使用。
 さすがに、朝臣・宿禰迄の表記はリアル過ぎ見送ったのかしら
                            続く。

| | コメント (0)

2011年11月13日 (日)

古事記出稿時の伊勢神宮 348

 漸く、高天原を出発する事に相成った
 邇邇芸命・思金神を隊長とする豊葦原中国への遠征の展開に
 なると思いきや、ここで、
 古事記原作者は現在 (古事記出稿時) の話を差し込むのです。
 そこの処の原文は

此之鏡者 專爲我御魂而 如拝吾前 伊都岐奉
次思金神者 取持前事爲政
 ここで、古事記出稿時代に。
此二柱神者
拝祭佐久久斯侶伊須受能宮(自佐至能以音)
次登由宇氣神
此者坐外宮之度相神者也
次天石戸別神
亦名謂櫛石窓神
亦名謂豐石窓神
此神者
御門之神也
次手力男神者
坐佐那縣也

 素直に読み解くと
 邇邇芸命・思金神は (天照大御神)を
 「さくくしろ」 の 「五十鈴宮(伊勢神宮)」 に斎祀られた。
 伊勢神宮のH.P.には諸事情で 「縁起」 は記載されていません。
 そこで、いきなり、わたくしどもも飛鳥時代にタイムスリップ。
673年 斎王制度確立後、
   天武帝の皇女、大来(大伯)皇女が斎王として泊瀬斎宮へ
674年 この年、彼女は伊勢国へ赴く
675年 天武帝の皇女 十市皇女と天智帝の皇女 阿閇皇女(元明帝)
   のお二人が伊勢神宮を参詣
 とされていますのでこの時代には 「伊勢神宮」 は存在。
 古事記原作者は邇邇芸命・思金神の二柱の名を借り、
 伊勢神宮に於いてお祀りする神は天照大御神である事に。
 そして、ついで気味に豊受神は外宮(度会(わたらい)の宮)に。
 豊受神(豊受姫)はかなり以前 「豊宇気毘売は豊饒の化身」
 で紹介しましたのでご覧下さい。
 又、突如、豊葦原中国への遠征隊として登場した
 天石戸別神=櫛石窓神=豊石窓神 は宮廷御門の神と。
 更に、手力男神は佐那(奈)の県(あがた)宮に祀られている神と。
 (佐奈村は昭和30年に三重県多気郡多気町に。)      続く。

追 梅原猛さんはこの 「此二柱神者」 を
    なぜか、天照大御神・思金神とされています。
    この二柱(神)は五十鈴宮(伊勢神宮)に祀られていると。
    古事記の流れでは、邇邇芸命・思金神となるのでは?
    それとも何か深い縁起が隠されているのかしら

| | コメント (0)

2011年11月 6日 (日)

三種の神器と母性遺伝 347

 先週飛ばした段落は
 「於是副賜其遠岐斯(此三字以音)
  八尺勾☆鏡  ☆は摠の手偏が王偏
  及草那藝劔」
 
 高天原側が豊葦原中国へ赴く邇邇芸命らに授けたグッズ。

1 八尺勾玉
2 八尺鏡
3 草薙剣

 勾玉と鏡は天照大御神奪還作戦の際、「神事のグッズ」 として。
 「初春 天照大御神の甦生」
 一方、草薙剣は 「八俣大蛇の尾」 に有ったもの。
 その剣を速須佐之男命が天照大御神に贈呈。
 「草薙剣(大刀)を発見」
 
 これらは3点セットで 「三種の神器」 とされています。
 宝物としての三種の神器は甚だ畏れ多くここでは語れません。
 然らば、「玉・鏡・剣」、この三種のメタファー(隠喩)とは?
 古事記表記では
 「玉・鏡」、及び、「剣」 と記されています。
 それでは、ZIPANGU的解釈です。
 玉(魂)・鏡(太陽)の2点は 「女性」 で 剣は 「男性」。
 鏡(太陽)=女性 と 剣=男性 にはご異存が無いと・・・・・。
 では、玉(魂)は如何に。
 男性には 「魂」 が無い事に成ってしまいます。
 しかしながら、
 これは決して男性、殿方を侮辱している訳ではございません。
 上記のZIPANGU的解釈に最近フォローの風が吹きました。
 母親・父親の慈しみの結晶であるお子さんが
 「母親」 からのみのミトコンドリアのDNA(遺伝子)を受け継ぐ
 仕組みを解明された話題。
 父親のミトコンドリアのDNA(遺伝子)は
 母子の栄養源となって健気にも消滅してしまう事実。
 詳しくは、
 「『母性遺伝』 仕組み解明、群大教授夫妻実験…米科学誌掲載」
 やはり、「原始も現在も 『女性は太陽』」 なのです。
 まさに、「母は強し。」 なのですね。                    
 そして、日本人は 「ミトコンドリア・天照大御神」。          
 そのご本尊、天照大御神は
 豊葦原中国へ赴く可愛いお孫さん、邇邇芸命に
 「私の魂を込め入れた八尺鏡をわたくしと思い、大切にせよ。」 と、
 又、豊葦原中国の政治・経済を委ねる思金神には
 「呉々も私の孫を補佐し、
  決して私腹のみを肥やさず、政に精を出しなさい。」 と、
 念を押し高天原から送り出したのです。                       続く。

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »