« 大国主神、高天原側に屈服 古事記原文 341 | トップページ | 日本は古来より魚料理に舌鼓 343 »

2011年10月 2日 (日)

大国主神、高天原側との条件交渉 342

 大国主神の最強の息子お二人が高天原の戦士、建御雷神の前に
 あえなく敗北。
 建御雷神は信濃 (科野) 国から大国主神がおられる
 豊葦原中国の都、出雲の国へ凱旋。
 意気揚々と建御雷神は大国主神への最後通牒。
 「お前の息子らは私に降参し、この国の支配を高天原に渡すと云っ
  ておるが、そちは如何に考えるか?」 と。
 大国主神は高天原側の戦力を具(つぶさ)に理解、
 「もはやこれまで」 と
 豊葦原中国の支配を委ねる条件を一つ提示する事に。
 その条件は
 この豊葦原中国を治める予定の天照大神の息子が住まう御殿と
 同じものをこの地に建設する事。
 「さすれば、私は隠居致しましょう。」 と潔い返答。 
 又、
 「私の長男、八重事代主神が率先してお仕え致しますので
  反乱分子は出現致しません。」 とも。
 この返事に建御雷神は即、高天原に報告。
 高天原の神々はこれを承諾、
 大国主神が要求する邸宅を造る事に。
 建設地は (出雲国、) 多芸志の小浜。
 只、古事記にはこの邸宅をどの位時間をかけて造作したかは
 記載されていません。
 少なくても、一日や一ヶ月で完成したとは思われません。
 その事には全く触れず、
 いきなり 「料理長 (膳夫=かしわで)」 のお話しに。
 (かしわの葉は昔々、お皿代わりにしていたみたい。)
 その料理長は、水戸神の孫、櫛八玉神(くしやたまのかみ)。
 彼は先ず、自ら 「鵜」 に化身し海底に潜り、
 底の粘土(波邇=埴=はに)で沢山の鉢物(=毘良迦=ぴらか)を
 作成。 次に、
 若布(海布=わかめ)の茎(=柄)を刈(鎌)り 「燧臼」。
 昆布(海蓴=こんぶ)の茎(=柄)を以て「燧杵」。
 燧臼 (ひきりうす) と燧杵 (ひきりぎね) は
 昔、むかしの火を熾 (おこ) すツール。
 この時代、
 マッチ・ライター・電子銃は当然有る訳無しのコンコンチキ。 続く。

|

« 大国主神、高天原側に屈服 古事記原文 341 | トップページ | 日本は古来より魚料理に舌鼓 343 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大国主神、高天原側に屈服 古事記原文 341 | トップページ | 日本は古来より魚料理に舌鼓 343 »