« 天菩比神と天若日子を派遣 332 | トップページ | 天佐具女の進言で射られる雉名鳴女 334 »

2011年7月31日 (日)

天若日子の目論見 333

 武器携帯で出雲国へ派遣された天若日子。
 出雲国へ着くや否や、大国主神のお嬢さん、下照比賣を見初め
 ご一緒になってしますのです。
 (下照姫は=高姫命=下光姫命)
 最初に派遣された天菩比神は大国主神と彼が治める国を
 こよなく好きになるのですが
 天若日子は出雲国の女性を好きになってしまいます。
 ましてや、事もあろうに大国主神のお嬢さんを。
 その次に 「亦慮獲其国」 と記載されていますので
 下照姫の美しさのみで娶ったのではなく天若日子の目論見は
 やがて時を経て、大国主神から出雲国の禅譲やも。
 娘婿でお家乗っ取りはよくある手。
 「至于八年 不復奏」 から
 天菩比神(3年)より長期間(8年)天照大御神に音信不通です。
 それは彼にとっては当然の事、
 天若日子は高天原に帰るつもりは毛頭ないのですもの。
 しかしながら、翻って考えると
 豊葦原瑞穂国、出雲国は至って素晴らしい国だったって事に。
 何せ、大の男お二人共に魅せられてしまった訳ですから。
 待てど暮らせど沙汰がない状況に痺れを切らした天照大御神は
 再々度、高天原の神々と思金神に諮ります。
 天若日子の復命しない理由を聞いてくる神の選定を。
 そして、これに対し彼らの推挙は鳴女(なきめ)と言う名の雉。
 雉は 「きぎし」 きじの古称。
 鳴女も雉の異称。
 この 「雉名鳴女」 から雉の雌と推定されます。
 雌雉ゆえ、女性に目がない天若日子には打って付けの役目柄?
 いえいえそんな単純ではございません。
 高天原の神々と思金神が熟考、推薦した神ですよ。
 天若日子にたらしこまれない様逆目を衝いたのです。
 鳥、及び、動物等は
 基本的に 「雌」 に比して 「雄」 の方が見た目綺麗です。
 何故かと云うと雄は子孫繁栄の為、
 雌に、よりアピールし、
 数多いる雄仲間から自己をチョイスして欲しいからなのです。
 故に、熟考の上、地味目の雌雉を選択したと考える方が・・・・・。
 雉名鳴女のミッションは
 「汝を豊葦原瑞穂国に使わしたのは
  出雲国の荒ぶる神々を言趣け
  (言葉で説き従わせる)平定する事。
  何で8年もの間、梨の飛礫なんじゃ。」 とメッセージし
 彼のレスポンスを得てくる事。
 この命を彼女は忠実の実行、
 天若日子が暮らす家の前に繁っている
 楓の枝に止まり委曲(つばら)かに、事細かく伝言したのです。
                                                                  続く。

|

« 天菩比神と天若日子を派遣 332 | トップページ | 天佐具女の進言で射られる雉名鳴女 334 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天菩比神と天若日子を派遣 332 | トップページ | 天佐具女の進言で射られる雉名鳴女 334 »