« 楽浪海・帯方東南大海中に倭人  327 | トップページ | 又なる急展開な古事記  329 »

2011年6月26日 (日)

日本国は倭国の別種なり  328

 「後漢書(ごかんじょ) 東夷列伝倭人条」
 (范曄(398~445)が撰、432年?成立) で

建武中元二年
倭奴國奉貢朝賀
使人自稱大夫

 「建武中元二年(AD 57年)
  倭奴国が貢を奉して朝賀する。
  使人は自ら大夫と称す。」

 「隋書 東夷伝俀(倭)国条」
 (魏徴(580~643)らが撰、636年成立) で

安帝時
又遣使朝貢
謂之倭奴國

 「安帝の時、又、遣使が朝貢。
  これを倭奴國と言う。」

新羅百濟皆以俀爲大國
多珎物
並敬仰之
恒通使往來 

 「新羅・百済はみんな俀(倭)をもって大国となす。
  珍しいもの多し。
  両国並びて倭国を仰ぎ敬う。
  恒に使いを通わし往来する。」

 これらの件(くだり)の後々にメジャーな記述が。

日出處天子致書日沒處天子無恙云云

 「日出る処の天子、日没する処の天子に書をしたためます。
  (煬帝さまにおかれましては)恙(つつ)なしや。
  (ご機嫌麗しくおわせます)云々(うんぬん)。」
 こちらはさておき、次に、

 「旧唐書(くとうじょ) 東夷伝倭国条・日本国条」
 (劉昫(887~946)らが撰、945年成立) で

倭國者古倭奴國
去京師一萬四千里
在新羅東南大海中 

 「倭國はいにしえ倭奴國なり。
  一万四千里都を去り
  新羅東南大海中に在る。」

日本國者倭國之別種也
以其國在日邊
故以日本爲名
或曰
倭國自惡其名不雅
改爲日本
或云
日本舊小國
倭國之地

 「日本国は倭国の別種なり。
  その国日辺にあるを以て
  故に日(の)本を以て名とする。
   或いは言う。
  倭国自らその名雅ならざるを悪(にく)み
   改めて日本となす。
  或いは言う。
  日本は旧小国
  倭国の地を並(ならべ、つら)ねる。」

 旧唐書を撰集した劉昫らは、
1 倭国は古くは倭奴国と
  倭国と日本国については
A 日本国は倭国とは別の国と
B 又、倭国は倭に雅感がないので日本国と改めたと
C 更に、日本国は古くは小さな国で後、倭国を併合したと

 1の記載は非常に重要です。倭国は倭奴国 ⇒倭国に。
 又、次のA~Cは劉昫らの情報源が多岐にわたっていたか、
 或いは、確かな情報が無く、特定できなかった事に。

 因みに古事記は712年なる。                                続く。

|

« 楽浪海・帯方東南大海中に倭人  327 | トップページ | 又なる急展開な古事記  329 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽浪海・帯方東南大海中に倭人  327 | トップページ | 又なる急展開な古事記  329 »