« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

神産巣日御祖命の再々登場 324

 大国主神が出雲国の御前 (みさき=岬) にいらした際、
 (このパワースポットは島根半島、出雲の真逆、美保関、
  北へ約50㎞先には隠岐島)
 海に目をやると波間に
 「天之羅摩船」 に乗り
 「内剥鵝皮剥爲衣服」 を着て
 こちらに来られる 「神」 がいらした。
 この 「羅摩船」 とは一体何?
 羅は蘿(ラ・つた) と、摩の上に草冠を施し、
 蘿+上、草冠・下、摩=ががいも と先人は考察。
 ががいもは蔓性の多年草、果実が10㎝位の楕円形状で
 その果実を二つに割った形を古人は 「舟」 と見立てています。
 次にセーリングクローズは 「内剥鵝皮剥爲衣服」。
 こちらも、何やら分からない服。
 鵝=鵞鳥(がちょう)。
 ピュアダウン、或いは、フェザー入りの素材の服ですから
 お寒い所からこられた感じ?
 この怪しげな神が声の届く波打ち際まで来られた所を見計らい
 大国主神は名を問います。
 すると怪しげな神は船酔いでお疲れなのか?
 お返事が帰ってきません。
 彼の従者神々に聞いても何故か 「不知=分かんない」 との事。
 多邇且久(たにぐく)=ヒキガエルの古名。
 そのカエルが言うには
 「久延毘古(くえびこ)が知っているから
 彼を召し出しお聞き下さいませ」 って。
 仕方無しにその様にして見ると彼は怪しげな神を
 神産巣日御祖命の息子さんで
 「少名毘古那神(すくなびこなのかみ)」 と。
 神産巣日御祖命は古事記で3番目に登場する
 それは・それは 「偉い神様」 の筈。
 にも関わらず、大国主神は不可思議にも
 神産巣日御祖命とコンタクトできてしまうのです。

 それは、さておき、神産巣日御祖命は
 素直にお認めになり、
 「少名毘古那神は間違いなく私の実子、わたくしには
 多くの子供がおるが、
 こ奴はわたくしの手の間からこぼれ落ちた者、
 今より、汝、葦原色許男命(大国主神)と兄弟となり、
 この国を作り固めよ。」 とおっしゃいました。
 (こぼれ落ちた者は 「落ちこぼれ分子」?)
 
 この神産巣日御祖命の要請も非常に唐突と思われますが
 大穴牟遲神(大国主神)は忠実にも少名毘古那神と兄弟になり
 ご一緒に葦原中国(あしはらなかつくに)を治めるのです。
 この後、時間の経過があり目処が立ったのでしょうか?
 何故か、
 パートナーの少名毘古那神は常世国に旅立ってしまうのです。
 そして、次には、
 少名毘古那神の正体を顕した久延毘古の説明になり、
 久延毘古は山田之曾富騰(そほど)=山田の案山子(かかし)で
 自らは動けないが、
 「盡知天下之事神」 この世の全ての事を知っている神だと。
 
 もう息をつかせない展開で・・・・・。 続く。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

神産巣日神の子、少名毘古那神 323

 ここから古事記は又々新たな展開に。
 不可思議な 「神」、
 久延毘古=山田之曾富騰(そほど)=山田の案山子(かかし) と
 少名毘古那神(すくなびこなのかみ)がお出ましに。

故大國主神
坐出雲之御大之御前時
自波穗乘天之羅摩船而
内剥鵝皮剥爲衣服
有歸來神
爾雖問其名不答且雖問所從之諸神
皆白不知
爾多邇且久白言(自多下四字以音)
此者久延毘古必知之
即召久延毘古
問時
答白此者神産巣日之御子
少名毘古那神(自毘下三字以音)
故爾白上於神産巣日御祖命者
答告此者實我子也
於子之中
自我手俣久岐斯子也(自久下三字以音)
故與汝葦原色許男命
爲兄弟而
作堅其國
故自爾
大穴牟遲與少名毘古那二柱神
相並作堅此國
然後者
其少名毘古那神者
度于常世國也
故顯白其少名毘古那神
所謂久延毘古者
於今者山田之曾富騰者也
此神者
足雖不行
盡知天下之事神也

 読み解きは来週に。 続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書の古事記上巻P45の1行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

| | コメント (0)

2011年5月15日 (日)

賀茂(鴨)大御神、賀茂祭 (葵祭) 322

 今日はたまたま、葵祭 (賀茂祭) 5月15日(日)。
 このイベントは
 平安みやび (雅) 空間にトリップ (trip) させてくれます。
 下鴨神社の歳時記に依りますと
 この 「賀茂祭」 は今から約1.400年前にスタートしたとの事。
 又、わたくしども ZIPANGU が絶賛する清少納言さんが
 枕草子でこの神社をお取り上げ。

 「見ものは
  臨時の祭。行幸。祭のかへさ。御賀茂詣で。」

 「賀茂の臨時の祭
  空の曇りさむげなるに、雪すこしうち散りて、かざしの花、
  青摺などにかかりたる、えもいはずをかし。
  太刀の鞘のきはやかに、黒うまだらにて、しろう見えたるに、
  半臂の緒のやうしたるやうにかかりたる、地摺の袴のなかより、
  氷かとおどろくばかりなる打目など、すべていとめでたし。
  いますこしおほくわたらせまほしきに、使は必ずよき人ならず、
  受領などなるは目もとまらずにくげなるも、
  藤の花にかくれたるほどはをかし。
  なほ過ぎぬる方を見送るに、陪従のしなおくれたる、
  柳にかざしの山吹わりなく見ゆれど、
  泥障いとたかううち鳴らして、
  『賀茂の社のゆふだすき』 とうたひたるは、いとをかし。」

 「神は
  松の尾。
  八幡、この国の帝にておはしけむこそめでたけれ。
  行幸などに、なぎの花の御輿にたてまつる、いとめでたし。
  大原野、春日いとめでたくおはします。
  平野は、いたづら屋のありしを、『なにする所ぞ』 と問ひしに、
  『御輿宿』 といひしも、いとめでたし。
  斎垣に蔦などのいと多くかかりて、もみぢの色々ありしも、
  『秋にはあへず』 と貫之が歌思ひ出でられて、
  つくづくとひさしうこそ立てられしか。
  みこもりの神、またをかし。
  賀茂、さらなり
  稲荷。」

 「賀茂、さらなり。」・・・賀茂の神は更にいとをかし。
 「賀茂の神ってちょー最高っ。」 って彼女が褒め称えています。

 現在の葵祭 (賀茂祭) 、神事を別として
 見物(みもの)は十二単姿の 「斎王代」。
 本来の春祭りは 「秋の豊作と大漁祈願等」。
 そこはどっこい昨今、「言わぬが花」。
 イベンターの目論見は地元経済活性化。
 「日本、及び、世界のみなさん、
 雅な平安絵巻をぎょうさん堪能できおすから
 京都へ初めてのお方はおいでやす、
 何度もおいでのお方はおこしやすえー、
 おたのみもーしますー。」 ってな感じ。
 異人さんの皆さん達は
 今年の天変地異に怖じけづいてお越しにならないかも?  続く。

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

大国(國)主神の奮戦記 321

01多紀理姫命 ⇒ 阿遲△高日子根神
 (△は金偏に且)(あじすきたかひこね)
 多紀理姫命は
 「建速須佐之男命 V.S. 天照大御神」
 「須佐之男命の落とし種 宗像三女神」
 阿遲△高日子根神 = 迦毛大御神
                      (かものおおみかみ=賀茂(鴨)大御神)
02多紀理姫命 ⇒ 高姫命 (=下光姫命)
                (たかひめ = したてるひめ)
03神屋楯姫命 ⇒ 事代主神
 (かむやたてひめ) (ことしろぬし)
04八嶋牟遲能神之女鳥耳(取)神 ⇒ 鳥鳴海神
 (やしまむじの神の娘ととり)   (とりなるみ)

 古事記で紹介された大国(國)主神命のお相手をされ
 お子さんに恵まれた女性は3名のみ。
 この方々以外にも多くの姫君がいらしたと考えますが・・・・・。
 色んな事情で端折ったのかも知れません?
 続いて、唐突にも、鳥鳴海神の系譜が紹介されます。

 鳥鳴海神
 日名照額田毘道男伊許知邇神――→國忍富神

 国忍富神
 八河江姫―――――――――――→速甕之多氣佐波夜遲奴美神

 速甕之多氣佐波夜遲奴美神
 前玉姫――――――――――――→甕主日子神

 甕主日子神
 比那良志姫――――――――――→多比理岐志麻流美神

 多比理岐志麻流美神
 活玉前玉姫――――――――――→美呂浪神

 美呂浪神
 青沼馬沼押姫―――――――――→布忍富鳥鳴海神

 布忍富鳥鳴海神
 若晝女神―――――――――――→天日腹大科度美神

 天日腹大科度美神
 遠津待根神――――――――――→遠津山岬多良斯神

 そして、古事記はわざわざ
 八嶋士奴美神 (=八嶋牟遲能神) 以下、
 遠津山岬帶神 (=遠津山岬多良斯神) 以前を
 「十七世神」 と称されていると明記しています。
 八嶋士奴美神は須佐之男命と櫛名田姫の息子さん。
 (「婚活、子供手当なしでも自然に」 でご確認下さい。)
 鳥鳴海神を頂点として8代を漏れなく表記。
 この古事記が編纂された 「あおによし奈良」 初期時代では
 とても重要視された家系なのかも?
 又、ここで現在でもメジャーな神が登場しています。
 宗像三神を祭主とする 「宗像大社」、
 そのお一人の多紀理姫命と大國主神との営みでお生まれになった
 迦毛大御神=賀茂(鴨)大御神。
 現在の祭りの元祖と云われる、葵祭 (賀茂祭) でメジャーな
 「下鴨神社」・「上賀茂神社」 で祀られている神?
 両社の 「ご祭神と歴史」・「由緒・歴史」 では
 下鴨神社・・・・・賀茂建角身命と彼のお嬢さん、玉依媛命
 上賀茂神社・・・玉依媛命と火雷神との息子さん、賀茂別雷大神
 とされています。
 (綿津見神のお嬢さんとされる玉依毘売(姫)命とは異なる?)
                            続く。

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

大國主神、数多の末裔を 320

 八千矛神(大国主神命)は須勢理姫命の巧妙な手立てに
 漸く年貢を納めた感じの展開でしたが、
 納める前、獅子奮迅の名残が次に語られています。

故此大國主神娶坐◯形奧津宮神   <◯は上が匈、下が月>
多紀理毘賣命
生子
阿遲(二字以音)△高日子根神     <△は金偏に且>
次妹高比賣命
亦名下光比賣命
此之阿遲○高日子根神者
今謂迦毛大御神者也
大國主神
亦娶神屋楯比賣命
生子
事代主神
亦娶八嶋牟遲能神(自牟下三字以音)之女鳥耳神
生子
鳥鳴海神(訓鳴云那留)

此神
娶日名照額田毘道男伊許知邇神(田下又自伊下至邇皆以音)生子
國忍富神
此神
娶葦那陀迦神(自那下三字以音)
亦名八河江比賣
生子
速甕之多氣佐波夜遲奴美神(自多下八字以音)
此神
娶天之甕主神之女
前玉比賣
生子
甕主日子神
此神
娶淤加美神之女
比那良志毘賣(此神名以音)生子
多比理岐志麻流美神(此突名以音)
比神
娶比比羅木之其花麻豆美神(木上三字花下三字以音)之女
活玉前玉比賣神
生子
美呂浪神(美呂二字以音)
此神
娶敷山主神之女
青沼馬沼押比賣
生子
布忍富鳥鳴海神
此神
娶若晝女神
生子
天日腹大科度美神(度美二字以音)
此神
娶天狹霧神之女
遠津待根神
生子
遠津山岬多良斯神       

 右件自八嶋士奴美神以下
 遠津山岬帶神以前
 稱十七世神

 世の殿方にはさぞかし羨ましい限りかしら?         続く。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »