« あらまたの年2011年 玉振りを 306 | トップページ | 才媛、沼河姫(比賣)登場 308 »

2011年1月16日 (日)

美刀阿多波志都(みと あたはしつ) 307

 昨年の続き、「たま」 のお話しは又いつかにして、
 それでは、宇都志国玉神=大国主神(命)に戻る事に。

故其八上比賣者
如先期
美刀阿多波志都(此七字以音)
故其八上比賣者
雖率來
畏其嫡妻須世理毘賣而         
其所生子者
刺狹木俣而

故名其子云木俣神
亦名謂御井神也

 突如、古事記原作者は思い出した様に
 八十神達 (大国主神の兄弟神々)を嫉妬させた八上姫(比売)
 について展開し始めるのです。
 八上姫は大国主神(命)とのお約束通り (如先期)、
 美刀阿多波志都(みと あたはしつ)。
 ちょい、わたくしとしては恥ずかしながら、
 この 「美刀阿多波志都(みと あたはしつ)」 は
 「美しい私の○○○を(彼に)与え、差し出しなさった。」 って事。
 早い話は 「まぐあった。(交合)」 って事、トロイお方は、もう嫌!
 やがて八上姫にお子さんが生まれ
 彼女はその子を出雲の国におられる
 大国主神(命)のもとへ連れて来るのですが、
 そこには、嫡妻 (正妻) の須世理姫が鎮座されている事に対し、
 健気にも?畏れ多くお思いなり、かわゆいお子さんを
 あろう事か木の俣に刺し挟んでご自分の生まれ故郷、因幡の国へ
 お帰りになってしまわれたのです。
 それなのでこのお子さんを 「木俣神」、
 またの名を 「御井神」 と。
 この様に古事記は結んでいるのです。

 字面のみですと八上姫はお子さんを単に大国主神(命)に
 お預けにこられた格好。(あなた達がお育て下さいませよ。)
 この、須世理姫に遠慮して?身を引くと云う行為は
 少なくても後世の発想。
 従いまして、きっと、八上姫は大国主神(命)を袖に。
 きっと、因幡の国には既にイケメン存在が・・・・・。
 と云う解釈が正解なのではないかと思われますが?   続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書の古事記上巻P38の13行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« あらまたの年2011年 玉振りを 306 | トップページ | 才媛、沼河姫(比賣)登場 308 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あらまたの年2011年 玉振りを 306 | トップページ | 才媛、沼河姫(比賣)登場 308 »