« 「霊魂の話」 折口信夫氏 304 | トップページ | あらまたの年2011年 玉振りを 306 »

2010年12月26日 (日)

宇都志国玉神は美玉(魂)の持ち主 305

 先週は毎日の忘年会続き、
 何やら、体から力=魂が抜け出た感じでお休みを。
 そして今日は先々週の 「玉=魂」 の続き。
 大国主神(命) = 宇都志国玉神の 「玉 (たま)」。
 この 「たま」 は 「たましい」 = 「魂」。
 折口信夫氏の言葉をお借りすると
 「抽象的なもので、体に、這入つたり出たりするもの」。
 この魂は肉体に出入りできるしろもの。
 そう云えば、体育会系で良く聞く事。
 「今の動きには 『魂』 が入っていない」 と。
 又、こんな云い方が
 「あの世への旅立ちは肉体から 『魂』 が抜ける事」 って。
 この抜けた魂は 「霊(たま)」 に。
 だからお通夜の席への不祝儀は 「御霊前」。
 それはさておき、
 昔、むかしの日本人は
 この 「魂(たま)」 が
 肉体に宿っている状態を 「人=大人」 と規定。
 その 「魂(たま)」 には、
 和魂 (にきたま) と荒魂 (あらたま) が存在すると。
 和魂は和 (やわ) らぎ和 (なご) む気持ち。
 荒魂は荒 (あら) ぶる元気な心持ち。
 この和・荒、二つの魂(たま)がつり合う情況を最良と。
 このような和魂・荒魂の情況は 「美魂(玉)」 と云うしか・・・・・。
 この 「美玉」 が宿る処が人の 「心(しん)の臓(ぞう)」 に。
 従いまして、古事記原作者は
 大国主神(命)を宇都志国玉神 (うつくしくにたまのかみ) と
 名付ける事に相成ったと考える、わたくしども ZIPANGU です。
 荒 (新) 魂(玉) (あらたま) の 「年」 はもうそこまで。

 今年も一年ご愛読ありがとうございました。
 きたる年も何卒ご愛顧の程宜しく存じ奉ります。
 それでは、良いお年を。           続く。

|

« 「霊魂の話」 折口信夫氏 304 | トップページ | あらまたの年2011年 玉振りを 306 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「霊魂の話」 折口信夫氏 304 | トップページ | あらまたの年2011年 玉振りを 306 »