« 男になる大穴牟遲(大国主神) 293 | トップページ | お久しぶりな須佐能男命 295 »

2010年10月 3日 (日)

大穴牟遲(大国主神)の更なる試練 294

 素敵な女性の手解きで 「美事で麗しいお・と・こ」 になれた
 大穴牟遲(大国主神)。
 まだまだ素敵な男性になる試練が待ち構えています。
 次なる大穴牟遲(大国主神)の兄弟、八十神達の虐め (試練) は

於是八十神見
且欺率入山而
切伏大樹
茹矢打立其木
令入其中
即打離其冰目矢而
拷殺也

 大穴牟遲(大国主神)が青年になった一部始終を見て、
 八十神達はやや嫉妬気味に次に彼を山へ連れ出します。
 そこでの彼らの悪行は大穴牟遲を大きな木(大樹)の間に
 挟み込む事。これは痛いでしょう。えー何がって?
 それは皆さんお考え下さい。
 
爾亦其御祖哭乍求者
得見
即拆其木而
取出活

 今度の窮地を救ったのは母親の刺国若姫(刺國若比賣)。
 息子を上手に取り出します。そして、

告其子言
汝者有此間者
遂爲八十神所滅
乃違遣於木國之大屋毘古神之御所

 彼女は大穴牟遲(大国主神)に諭します。
 「このままだと貴男は八十神達におもちゃにされちゃうから
 紀伊国(木國)におられる大屋毘古神の所へお行きなさい。」 って。
 ここで一転してロケ現場 (location) 移動になります。
 字面のみを考えれば伯耆国(島根県)から紀伊国(和歌山県)へ。
 このルートはかなり難儀です。
 シュワさん (加州知事) 欲しがる新幹線が
 通せない地区なのです。
 又、突如、大屋毘古神の登場です。
 この神さまは五穀の起源迄の日本の神々(古事記)で紹介した
 39番目で自然の神々
のお一人です。
 因みに大屋毘古神は和歌山県伊太祁曽神社に祀られています。
                                                                  続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書の古事記上巻P35の13行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 男になる大穴牟遲(大国主神) 293 | トップページ | お久しぶりな須佐能男命 295 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男になる大穴牟遲(大国主神) 293 | トップページ | お久しぶりな須佐能男命 295 »