« 梅原猛さんの八岐大蛇読み 289 | トップページ | なぜ、伯岐國之手間山へ 291 »

2010年9月 5日 (日)

うさ(宇佐)さんのお告げ=ご神託 290

 古事記に戻ります。
 すっかり元の姿に戻ったうささんは
 大穴牟遲神 (=大国主神) に 「お告げ」 をします。
 
故其菟白大穴牟遲神
此八十神者
必不得八上比賣
雖負◯ (◯は布製ショルダーバッグ=大きな袋)
汝命獲之

 「みなさんが是非ともお嫁さんにしたいと思っている
  素敵な八上比賣は
  あまたいらっしゃる兄弟の中から
  たとい、荷物運び係の大穴牟遲神 (=大国主神) ですが
  きっと、きっと貴男をお婿さんに、お選びになるでしょう。」 と。

 なぜかしら、古事記原作者はこの予言を的中させてしまうのです。
 その、くだり (件)が、

於是八上比賣
答八十神言
吾者不聞汝等之言
將嫁大穴牟遲神

 八十神さん達のプロポーズにはすべてお断り。
 大穴牟遲神が 「一緒になろう。」 と
 彼女に云ったとは記されていませんが
 八上比賣は結果的に大穴牟遲神の奥様になってしまうのです。
 ここでお気づきのなりませんか?
 うささん ⇒ 宇佐・宗像一族 ⇒ 宇佐神宮のご神託 (お告げ)。
 あおによし奈良の女帝、称徳帝時代に
 彼女の大好きだった 「道鏡」 さんを天皇位にするか否かで
 この 「宇佐神宮」 にお伺いを立てています。(769年)
 こちらのご神託は 「それは、あいならぬ。」 でしたが・・・。
 うささん = 宇佐神宮は朝廷組織に助言できる程の
 「公権力」 を保持していた一族と云う事になるのでは・・・。
 「うささん」 のイメージはやはり 「女神」 に。
 女神と云えば、「三国志・魏志 巻三〇東夷伝・倭人」 に依り
 この時より、530年前 「卑弥呼(ひみこ=ひのみこ)」 さんが
 お隣、中国 (魏) より
 「親魏倭王」 の称号を頂戴したことになっています。(239年)
 その 「魏志倭人伝」 での彼女の紹介は
 「鬼道に事(つか)え、能く衆を惑わす。
  年已に長大なるも、夫婿(ふせい)なく、
  男弟あり、佐(たす)けて国を治む。」
 ここからも、幻妖術を使いこなし、お告げ = ご神託を
 発し、まつりごと (政) を司どられた女神が想像可能に。
 只、この時点での卑弥呼さんはややお歳を召され、
 連れ合いに先立たれたのか、或いは、独身を貫かれていたかは
 定かではありませんが、彼女の弟がサポートされていた様子。
 それでは、うさ(宇佐)さんは卑弥呼さんのご先祖さん?   続く。
 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書の古事記上巻P34の15行目
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 梅原猛さんの八岐大蛇読み 289 | トップページ | なぜ、伯岐國之手間山へ 291 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅原猛さんの八岐大蛇読み 289 | トップページ | なぜ、伯岐國之手間山へ 291 »