« 古事記、稻羽之素菟の原文 279 | トップページ | 丸々裸のうささん 281 »

2010年6月27日 (日)

稲羽(因幡)の八上姫へ赴く 280

 須佐之男命より五世代後の大国(國)主神ですから、
 彼のご兄弟もたくさん存在した様です。
 ただし、古事記作者、稗田阿礼及び太安万侶は
 彼ら彼女らが何処で住まっていたかは明確にされていません。
 須佐之男命が出雲の国、須賀の地に住まいを設けた事は
 記されてはいますが
 末裔の皆さんは、この地に、留まっていたのでしょうか?
 この点、些か疑問ですが、
 大概の読み下しは 「出雲の国」 で生活していた事にしています。
 従いまして、取り急ぎは黙認して進めます。
 先ず、然皆國者避於大國主神 所以避者
 の 「避」 が よく飲み込めません。
 梅原猛さんはここの所を
 「みんな、国の支配権は大国主神にお譲りになった。
 そのお譲りになった理由というのは」 とされています。
 (神々の流竄 梅原猛著作集 8 集英社 P399)
 「避」 を 「譲」 と解釈されています。
 これは、
 「稻羽之素菟」 のお話し、
 「大穴牟遲神 (大国主神)」 の災難のお話し、
 「須佐之男命と須勢理毘賣」 との出逢いのお話し、
 「葦原色許男神 (大国主神)」 の試練のお話し、
 「大国主神 ⇒ 宇都志國玉神 (大国主神)」 に至お話し、
 の展開を経て 「お譲りになった。」 にされています。
 これも取り急ぎ、これに則り前へ進みます。
 有(下)欲婚稻羽之之心
 八十神が、いなばのやがみひめを妻にしたいお気持ちが有る。
 と記されています。
 大国(國)主神の従兄弟の皆さんが
 「やがみ姫」 を奥様にしたいと言う事ですが
 わざわざお隣 (稻羽) の国まで足をのばす訳ですから
 彼女は出雲の国にいる女性よりも
 格段と 「素敵 (才色兼備) な女性」 であった事になります。
 かなり、出雲の国の女性の皆さんに失礼な感じですけど・・・。
 ここで、「いなば」の国。
 いなばの古事記表記は 「稻羽」。現在伝わっているのは 「因幡」。
 どちらかと云うと稻羽=稲葉がよりしっくり感が有るのですが。

於大穴牟遲神負◯
爲從者率往
 ◯は代の下に巾。 袋(フクロ) 布製のバッグ。

 それでは、いよいよ、
 大国主神を荷物運び係にして
 八十神達 (大国主神の兄弟神々) は
 稲羽(因幡)の八上姫の元に赴くのです。                    続く。

|

« 古事記、稻羽之素菟の原文 279 | トップページ | 丸々裸のうささん 281 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古事記、稻羽之素菟の原文 279 | トップページ | 丸々裸のうささん 281 »