« 洒落がきつく詩を詠む須佐之男命 275 | トップページ | 婚活、子供手当なしでも自然に 277 »

2010年5月30日 (日)

子作りに勤しむ須佐之男命と末裔 276

 須佐之男命は櫛名田比賣の父を奇しくも宮の館長に任命、
 名も授けます。

於是喚其足名椎神 告言 汝者任我宮之首 
且負名號 稻田宮主須賀之八耳神

 ここからが素敵な空間と風雲急を告げる時間軸構成。

故其櫛名田比賣以
久美度迩起而
所生神名謂八嶋士奴美神(自士下三字以音 下效此)
(久美度=くみど=組み所・・・・・命倶楽部 部屋)

又娶大山津見神之女 名神大市比賣 生子
大年神 次宇迦之御魂神(二柱 宇迦二字以音)

兄八嶋士奴美神 娶大山津見神之女 
名木花知流(二字以音)比賣 生子
布波能母遲久奴須奴神

此神 娶淤迦美神之女 名日河比賣 生子
深淵之水夜禮花神(夜禮二字以音)

此神 娶天之都度閇知泥<上>神(自都下五字以音) 生子
淤美豆奴神(此神名以音)

此神 娶布怒豆怒神(此神名以音)之女
名布帝耳<上>神(布帝二字以音) 生子
天之冬衣神

此神 娶刺國大<上>神之女 名刺國若比賣 生子
大國主神
亦名謂大穴牟遲神(牟遲二字以音)
亦名謂葦原色許男神(色許二字以音)
八千矛神
亦名謂宇都志國玉神(宇都志三字以音)
并有五名

 この展開は次週に。                                          続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書の古事記上巻P31の4行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 洒落がきつく詩を詠む須佐之男命 275 | トップページ | 婚活、子供手当なしでも自然に 277 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 洒落がきつく詩を詠む須佐之男命 275 | トップページ | 婚活、子供手当なしでも自然に 277 »