« 女と男、男と男、女と女 127 | トップページ | 夕霧太夫をお芝居に 129 »

2007年9月19日 (水)

江戸トレンディー女優=太夫128

 1652年の若衆 (テーンエイジャー時の木村拓也さん感じ) が
 女装して舞台に上がる事が禁じられてから、
 歌舞伎役者さんの中から、若衆上がりの方々が
 女性役をこな (熟) していました。
 そうは云っても、オバアサン役、お母さん役が精々 (せいぜい) で
 キャピキャピギャル (威勢の良いお嬢さん) は疎か、
 ファッショナブルなお姉さんはとてもとてもお呼びでは有りません。

 それらの先陣を切られた
 村山左近、右近源左衛門、玉川千之丞さんらが女形の祖の方々。
 やがて、江戸徳川幕府による、
 外様大名潰し作戦が漸く終わりを告げ文治政治と云われる時代。
 市川団十郎が江戸で、坂田等十郎 ・片岡仁左衛門らが上方で
 大人気になり当に綱吉、元禄時代に足を踏み入れ様とする時期。

 この時代切ってのトレンディー (trendy) なお姉さん
 何と云っても、
 江戸、吉原の 「高尾太夫」 さん
  京、島原の 「吉野太夫」 さん
 大坂、新町の 「夕霧太夫」 さん
 この歓楽街、江戸の吉原、京の島原、大坂の新町は
 江戸幕府公認、御用達、お遊びスポット (処)。

 彼女らは 「超ー売れっ子エンターテイナー・女優」 さん達。
 (エンターテイナー = entertainer)
 飛鳥藤原京から奈良時代にかけて、
 藤原不比等らが造り上げた 「律令体制」 名残の官位名、「太夫」。
 太夫。大夫 (たいふ) は 「従四位・正五位」 。 
 奈良平安時代なら、中宮大夫 ・東宮大夫、
 左右京 ・大膳大夫って名感じの重要なポスト (post)。
 堂上で禁裏に入れるお方。
 この時代ではエンターテイナーの№1である称号。
 上方歌舞伎ですので、吉野太夫、或いは夕霧太夫さん。
 そのお二人の中の、才色兼備な夕霧太夫さん (1652?~1678)
 期せずして1678年のお正月 (1/6) に若くしてあの世への旅立ち。
 そんな素敵な彼女の追悼をも含め、
 大人気の夕霧太夫さんをいち早く取り上げお芝居にしたのが
 坂田等十郎による
 「夕霧名残の正月」 「由縁の月」
 1678年 2月3日 大坂 荒木与次兵衛座 公演でした。  続く。

秋は女郎花
spacer
秋は女郎花

|

« 女と男、男と男、女と女 127 | トップページ | 夕霧太夫をお芝居に 129 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女と男、男と男、女と女 127 | トップページ | 夕霧太夫をお芝居に 129 »