« 江戸歌舞伎芝居小屋の工夫119 | トップページ | 荒事は差詰めハリウッド映画121 »

2007年9月 3日 (月)

和事、荒事、敵、役者 120

 「梨園の大スター」 と云われる市川団十郎。
 現代の市川団十郎さんは、「パリ・オペラ座公演」 を成功裏に。
 役者で初代、市川團十郎 (1660~1704) さんは、
 弱気を助け、強きを挫く 「荒武者事」 と云う役を演じ、
 江戸歌舞伎のスーパースターに成りました。
 彼の詳しい事は、
 「成田屋 市川團十郎 ・市川海老蔵 公式Webサイト」
 「成田屋早わかり」 ⇒ 「家系図 初代」
 或いは、「市川團十郎家と荒事」 でご確認を。

 一方、若衆歌舞伎禁止後の上方歌舞伎の人気役者は
 京  の坂田藤十郎   (1647~1709)
 大坂の片岡仁左衛門 (1656~1715)

 坂田藤十郎は 「やつし芸」 と云われる 「和事 (やわらかごと)」
 の名役者。坂田藤十郎の名跡は200年以上途絶えていましたが、
 2005年に
 3代目中村鴈治郎さんが第4代坂田藤十郎を襲名。
 詳しい事は、「名人坂田藤十郎の生涯と芸」 で。

 又、片岡仁左衛門さんは敵役 (実悪役) の名手だったとの事。
 悪者 (わるもの) 役を演じさせたら天下一品だったそうです。
 現在の片岡仁左衛門さんのイメージとは、ほど遠いのですが?
 (と云いますのは、都内某所で彼と会話をした際の印象から)
 彼ってとってもチャーミング (charming) なお方でした。
 (決して、ヨイショでは有りません。ご心配なく。)

 この頃の続き狂言 (ロング演劇) は上方が本場。
 なんてったって、現代の三谷幸喜、宮藤官九郎さん感じで斬新な
 人形浄瑠璃と歌舞伎脚本作家の
 近松門左衛門さん (1653~1724) がいらっしゃたのですもの。
                  続く。

*江戸時代、江戸・京・大坂、三都物語
 各々の空間文化が醸し出す味わいが感じられませんでしょうか?

初秋の桔梗
spacer
初秋の桔梗

|

« 江戸歌舞伎芝居小屋の工夫119 | トップページ | 荒事は差詰めハリウッド映画121 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江戸歌舞伎芝居小屋の工夫119 | トップページ | 荒事は差詰めハリウッド映画121 »