« 江戸時代京都みやび事情 107 | トップページ | 江戸時代のお世継ぎ問題 109 »

2007年8月11日 (土)

江戸時代の京都禁裏空間 108

 東山天皇 (1675~1709) の時代、
 江戸幕府のヘッド徳川綱吉 (1646~1709) が
 禁裏御料を一万石から三万石に加増し京都朝廷との関係融和を。

 東山天皇のお子様達、

  在位 生涯
秋子内親王   (1700~1756)    中宮 幸子女王
中御門天皇 (1709~35) (1701~1737) 114  典侍 櫛笥賀子
閑院宮直仁   (1704~1753)    典侍 櫛笥賀子
 
 中御門天皇のお子様は、
 
  在位 生涯
桜町天皇 (1735~47) (1720~1750) 115  女御 近衛尚子
公遵法親王   (1722~1788)    典侍 清水谷石子
成子内親王 夫は閑院宮2 (1704~1753)    掌侍 久世夏子
 
 更に桜町天皇のお子様は、
 
  在位 生涯
後桜町天皇 (1762~70) (1740~1813) 117  女御 二条舎子
桃園天皇 (1747~62) (1741~1762) 116  典侍 姉小路定子
後桜町天皇は、今現在、日本最後の 「女帝」。
 
 そして、桃園天皇のお子様は、
 
  在位 生涯
後桃園天皇 (1770~79) (1758~1779) 118  女御 一条富子
 
 そして、そして、後桃園天皇のお子様は、
 
  在位 生涯
欣子内親王   (1779~1846)    女御 近衛維子

*清水谷家・・・西園寺家の庶流
*久世家・・・・・久我家の庶流
*姉小路家・・・閑院流の庶流、阿野氏の末裔

 尚、お公家さんの系譜は 「公、候、伯、子、男」 をご覧下さい。

 この状態ですと、一時世を騒がした 「お世継ぎ」 問題になります。
 第119代の天皇は一体・・・・・。
                  続く。

晩夏の薊
spacer
晩夏のあざみ

|

« 江戸時代京都みやび事情 107 | トップページ | 江戸時代のお世継ぎ問題 109 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 江戸時代京都みやび事情 107 | トップページ | 江戸時代のお世継ぎ問題 109 »