« えーとアートは美の追究 88 | トップページ | 女・男性共にマメな平賀源内 90 »

2007年7月 3日 (火)

多種多芸でマメな平賀源内 89

 それで、平賀源内。

 先ずは、「絵」 の世界では 「浮世絵」 への寄与。
 メイビー (maybe) (50%の確立)、
 パパップス (perhaps) (60%~70%の確立)、
 プロバブリー (probably) (70%~80%の確立)、
 多分、十中八九、
 白黒の世界から多色刷りに変容させた 「錦絵」 へのサポート。
 源内と鈴木春信は 「お友達」。
 ひょんな 「会話」 から、源内は春信に
 彩色絵付き (カラーイラスト入り) 暦(絵暦)を
 サジェスト (suggest) ・ほのめかしたと考えています。
 斬新な絵暦企画は大当たり、鈴木春信は 「錦絵の創始者」 に。
 こちらの詳しい事は、
 「鈴木春信 fashion誌をカラー化」
 「鈴木春信の錦絵誕生と大小絵暦(えごよみ)」
                      でご覧下さい。

 次ぎに、小田野直武 (1749~1780) (お友達 ・おほも達) を
 杉田玄白 (1733~1817) (お友達) に紹介、
 源内を慕う小田野直武は
  「解体新書」 のイラスト (解剖図と挿絵)を担当する事に。
 ここに解りやすいイラスト付き人体解剖書が登場する事に。

 一方、平賀源内自身も 「西洋画 (油絵)」 を描いています。
 その絵のモデルは 「西洋婦人」 ぽく見え、
 又、「女性」のような「男性」の様な???感じ。
 その絵は 「さぬき市観光協会ホームページ」 でご確認を。

 小田野直武は源内から
 西洋画法である遠近法とを陰影表現法教えて貰います。
 その結果、秋田の小京都と云われる秋田藩角館にて
 「秋田蘭画」 (秋田県立近代美術館蔵) が誕生する事に。
                  続く。

明け方の朝顔
spacer
明け方の朝顔

|

« えーとアートは美の追究 88 | トップページ | 女・男性共にマメな平賀源内 90 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« えーとアートは美の追究 88 | トップページ | 女・男性共にマメな平賀源内 90 »