« 「毛」ファッション(fashion)Ⅱ 76 | トップページ | 「毛」 メリノ種羊毛 Ⅳ 78 »

2007年6月 9日 (土)

「毛」 メリノ種羊毛 Ⅲ 77

 羊毛の種類としては

*メリノ種 (merino wool)
 主にオーストラリアと南アフリカ共和国で飼育されている羊。
 細く、柔らかい毛が特徴。繊維長は8㎝~10㎝位。
 主に梳毛 (そもう) 服地用に使用される。
 梳毛とは羊毛の繊維を解きほぐし (梳 (す) いて) 短い繊維を
 取り除き、長繊維のみを直線上に並べ揃え、撚りをかけた糸。
 「髪を梳く」 と云う和語は既に死後になり、
 「朝シャンの後のブラッシング」 に。
 
 遊牧の民であるムーア (Moor) 人
 (北西アフリカ地方のイスラム教徒の呼称) が8世紀頃に
 イベリア半島を征服。彼らが飼育していた 「羊」 が
 「メリノ種」 の原初と云われています。
 未だに続いているキリスト教徒とイスラム教徒との諍い。
 昔のイベリア半島では、キリスト教徒側のイスラム教徒排除作戦、
 「レコンキスタ」 と云われる闘いが繰り広げられました。
 両者の闘いは、
  771年よりスタート、
 1492年の 「グラナダの陥落」 でエンディングを向かえます。
 この間、
  756年 後ウマイヤ朝 (首都はコルドバ)
 1035年 アラゴン王国
 1139年 ポルトガル王国
 1238年 グラナダ王国 (アルハンブラ宮殿が有名)
 1476年 スペイン王国 (カスティリア・アラゴンの合同)
 
 日本では
 女帝称徳天皇が崩御し、天智天皇系の光仁天皇が即位 (770年)
 した奈良時代の終わり頃から始まり、
 鳥羽上皇が院政をしいていた時にポルトガル王国
 応仁の乱の終了時点でスペイン王国
 管領、細川政元が起こした明応の政変 (1493年) の前年で終了
 ってな感じのとっても長期間に渡るイザコザでした。

 その結果、
 イベリア半島には 「メリノ種の羊」 が取り残される事に。
 良質な服原料は、スペイン国王によりメリノ種の羊を門外不出とし
 犯す者は死刑に処する程でした。(羊の禁輸措置)
                  続く。

雨とあやめ
spacer
雨に煙る菖蒲

|

« 「毛」ファッション(fashion)Ⅱ 76 | トップページ | 「毛」 メリノ種羊毛 Ⅳ 78 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「毛」ファッション(fashion)Ⅱ 76 | トップページ | 「毛」 メリノ種羊毛 Ⅳ 78 »