« 京都西陣織と京友禅 42 | トップページ | 鈴木春信と瀬川路考 44 »

2007年4月 3日 (火)

鈴木春信 fashion誌をカラー化43

 京都着物事情は前回迄にして、再び江戸にとんぼ返り。

 菱川師宣の登場から約90~100年後
 ファッションモード雑誌が 「カラー」 で出版される時代に。
 このきっかけを作ったのが 「大小絵暦」。
 今のカレンダー (格調が違いますが) の様なものになります。
 「狂歌」 と 「暦」 をワンセットした大小絵暦。
 この企画は、
 この時代のアバンギャルドでひょうきん者、
 平賀源内 (1728~1779) がディレクト (direct) した
 のではないかとわたくし共 ZIPANGU は考えています。
 そして、この大小絵暦の 「イラスト (illustration)」 担当が
 鈴木春信 (1725?~1770) 。
 「錦絵 (にしきえ)」 の創始者と云われている方です。
 この時代も挿し絵担当として 「浮世絵師」 が活躍。
 日本で印刷物が初めて 「カラー化」 された時代です。
 この事が、やがて喜多川歌麿を代表とする、美人版画浮世絵が
 江戸時代の絵画 (幕府御用達狩野派を除く) を
 代表する事に繋がります。

 菱川師宣の白黒浮世絵から鈴木春信の錦絵が登場する間は
 白黒の世界に赤 (紅) 色を入れていました。
 原始から色は 「赤=女性」 が原初。
 ここでもその事が具現化している様子が伺えます。
 この事柄につきましては 「日本の色誕生」 でご覧下さい。
 鈴木春信の浮世絵は、概して 「黄色系」 が多用されています。
 原初の赤色を除けば
 和紙に墨で記された狂歌。
 墨黒の世界にインパクトを与える色は 「黄色系」。
 ちゃんとに 「理 (ことわり)」 に叶っています。
 尚、大小絵暦と鈴木春信の詳しい事は
 「鈴木春信の錦絵誕生と大小絵暦 (えごよみ)」
 をご覧下さい。 続く。

綻ぶ山桜
spacer
吉野の山桜は?

|

« 京都西陣織と京友禅 42 | トップページ | 鈴木春信と瀬川路考 44 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/14394142

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木春信 fashion誌をカラー化43:

« 京都西陣織と京友禅 42 | トップページ | 鈴木春信と瀬川路考 44 »