« 明暦の大火、「振り袖火事」 51 | トップページ | 江戸の消火は破壊消防 53 »

2007年4月21日 (土)

明暦の大火で都市大改造 52

 江戸城までも類焼した明暦の大火。
 どの様な被害状態で有ったかは全くの不明ですが、
 それはそれは恐ろしい出来事であったのではないかと思います。
 
 しかしながら、構築物が灰燼と化した結果、運良く被災を逃れた
 方々は現実を目の前にして対処策を施す作業に取り組みます。

 先ずは、防衛戦略上、
 隅田川上流、荒川にしか橋 (千住大橋) が
 架かっていませんでしたが、
 被災者が避難できる様、2本目の橋を架ける事になりました。
 それが、「玉やー鍵やー (両国花火)」で有名な
 江戸、東京の風物詩、 「大橋=両国橋」 になります。
 後の浮世絵師がこぞって風景画に取り入れました。
 木造で超ー長い曲線の 「橋」。
 架橋技術もさることながら、味のある 「橋」 と思いませんか。

 次は、今現在も残っている上野広小路。
 木造隣合わせのお家では、消防自動車が来てくれない江戸時代
 ですので、即類焼です。
 故に道路の巾を広く取り、
 少なくてもそこまでで火に勢いを止める策です。
 要は山火事での防火対策感じのおおざっぱな方策です。
 事は、山ではなく町での火事ですから・・・・・。
 小金持ちの方々は蔵は土倉造りに、屋根は瓦葺きにってな調子の
 現代から考えるととても長閑な感じがします。
 それ以外の方々は、「火事」 があったら取りあえず逃げるのみ。
 借家人の方々はご自分の不動産ではありませんから、
 余り気にしなかったのかも知れません。 続く。

座れば牡丹
spacer
牡丹

|

« 明暦の大火、「振り袖火事」 51 | トップページ | 江戸の消火は破壊消防 53 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明暦の大火で都市大改造 52:

« 明暦の大火、「振り袖火事」 51 | トップページ | 江戸の消火は破壊消防 53 »