« 木と紙の日本文化 49 | トップページ | 明暦の大火、「振り袖火事」 51 »

2007年4月17日 (火)

葦原が吉原に 50

 時代を少し遡りますが、
 葦原であった現在の中央区の 「人形町」 地区。
 「よしはら」 が 「吉原」 に。
 江戸時代の初期はこちらが 「遊び場 (プレイ・スポット)」。
 有史以来の現金決済を伴う 「商売?」 ゾーン。
 お金の使い所に困る方々の格好の散財スポット。
 束の間の 「夢の時空間」 を味わえる?との事。
 気持ち良く消費 ・浪費をして頂く為に、
 イベンター及びプレーヤは贅を尽くした空間に仕立て上げます。
 プレーヤは才長け、芸に秀でた女性達です。
 ちっちゃな時から芸に励み、修行を積み選び抜かれた
 素敵な皆さんです。
 内なる繊細で暖かな心音 (根) をビジュアルでいとも簡単に
 表現可能な 「豪華絢爛衣装」。
 彼女らは当然世のファッションリーダーになってしまうのです。

 徳川幕府はお美事3代続き、江戸は世界に冠たる大都市に。
 元は、湿地帯で葦が茂る土地を
 人が住まう空間に仕立て上げる訳ですから
 土木・建設事業者は蓄財が可能になり、
 勢いお江戸の町は一大商業消費都市に変貌を遂げる事に。
 お金がグルングルン回る所に人が結集するのは世の常。
 現在の 「東京」 と何ら変わる所がございません。
 素敵な小資本家は、勿論、素敵な遊び人に。

 お役人の 「武士」 を除き、「遊び場」 での
 「バイプレイヤー (by=buy-player)」 は土木・建設業に携わった
 小金持ちの方々です。
 やがて、「乗数効果」 が利き江戸町民達の中で目聡い方から
 順番に懐具合が良くなり、轍が広がります。 続く。

座れば牡丹
spacer
牡丹

|

« 木と紙の日本文化 49 | トップページ | 明暦の大火、「振り袖火事」 51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葦原が吉原に 50:

« 木と紙の日本文化 49 | トップページ | 明暦の大火、「振り袖火事」 51 »