« 奢侈禁止令 = 美服禁止令 30 | トップページ | 京都着物ファッション事情 32 »

2007年3月11日 (日)

江戸ファッション規制 金襴に 31

 前回紹介済みの1663年 ・1683年の奢侈禁止令=美服禁止令も
 春日局さんが絡んでいます。
 若干こじつけ気味かも知れませんが。
 何とは無しに、彼女の Will (意志) が
 貫徹されている感じを受けるものですから。

 江戸時代ファッション規制の奢侈禁止令は、素材規制に始まり、
 着物生地の色 ・デザインまで及んでしまいました。

 1661年~1673年の期間の 「寛文」 時代に流行った小袖は
 通称 「寛文小袖」 と云われています。
 この時期を以て、私どもは、
 江戸庶民の女性の皆さんが初めて、
 「ファッション」 に出逢った時と考えています。

 加藤曳尾庵著の 「我衣 (わがころも)」 から
 日本橋小舟町一丁目にお住まいだった商人、
 石川六兵衛の内儀=奥さんが超高級素材の着物をお召し
 になっていた事実が確認できます。
 後に、第五代将軍徳川綱吉 (1646~1709) に咎められますが、
 その顛末は 「初めて、ファッションが庶民へ」 をご覧下さい。

 確認下さいますとお分かり頂けますが、
 1643年発布の奢侈禁止令での 「紫 ・赤色」 着物規制なんて、
 何のその。六兵衛奥さんのお付きのお嬢さんには、
 緋縮緬の大振り袖を着せています。 緋は赤の鮮やかな色。
 その色は 「日本の色 (伝統色)」 で確認できます。
 彼女自身は 「金襴緞子」 のお着物でお洒落しています。

 この事件以降、1683年の天和の禁令 (美服禁止令)で
 金襴 (金糸刺繍織物)・総鹿の子絞りの小袖は
 庶民の女性には禁止される事に相成るのです。

 しかしながら、特に女性は 「お洒落」 規制には中々屈しません。
 お江戸ファッションは、密かに潜行いたします。
 この事柄に触れる前に、京都の着物事情に一旦戻ります。 続く。

*総鹿の子絞りは染色方法の一つで、現物を見た方が早いですが
 言葉での無理矢理説明では、布を糸で強く括った部分を作り、
 その箇所を染色しない技法です。括り方により文様柄を作製可。
 括る作業に多大な時間を要しますので、基本的には部分柄として
 用いられますが、生地 (布) 全体を括ったのが総鹿の子絞り。
 鹿の子柄ですので、鹿の肌の感じ風の文様になります。

 又、この染色カラー地が 「紅色」 の場合は、「辻が花」 と。
 紅色の辻が花は室町後期時代に誕生しています。
 辻が花の詳細は、
 「武家女性の公服 レディ-スウェアー=ご婦人服」 をご覧下さい。

綻ぶ桜
spacer
綻ぶ桜

|

« 奢侈禁止令 = 美服禁止令 30 | トップページ | 京都着物ファッション事情 32 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/13387599

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸ファッション規制 金襴に 31:

« 奢侈禁止令 = 美服禁止令 30 | トップページ | 京都着物ファッション事情 32 »