« 大奥組織階層 着物で差異 29 | トップページ | 江戸ファッション規制 金襴に 31 »

2007年3月 9日 (金)

奢侈禁止令 = 美服禁止令 30

 「世継ぎ対策空間=大奥」
 豪華絢爛な小袖着物 が江戸城大奥内で
 お召しになっていた事実、
 そして、それをお手本 (模倣) してお江戸八百八町の豪商の
 奥様達 ・お嬢様が着用されていた事に関しては、
 フィクションの名を借りずとも、
 絡まった糸を解き解す手だてが存在すると語りました。
 その事実は 「奢侈禁止令 = 美服禁止令」 から伺えます。

 江戸時代ファッション規制の歴史
 江戸幕府最初の衣装=服に関する奢侈禁止令は

 1628年の御触書 (おふれがき)で、「絹生地」 の規制。
 農作業従事者の着物の素材は、麻と綿 (木綿) と紙にする様に。

 1643年には、江戸庶民の着物カラー制限。
 江戸経済を支え成り上がった商人達、彼らを支える、
 「内儀(奥さん)・娘」 さんの着物カラー (色)の内、
 「紫 (本紫色)」 と 「赤 (紅梅色)」 は今後、着用禁止する。
 高価絹生地染色原料の紫根と紅花を庶民には使用不可の措置。
 この年まで春日局さん (お年寄り=大奥総取締) は
 ご存命でしたので、彼女も当然、この措置はご存じの筈です。
 お次は、高級呉服商に対する規制。

 1663年の奢侈禁止令 = 美服禁止令は高級呉服お値段制限。
 白銀500目迄の着物 ⇒ 東福門院と明正女帝
 白銀400目迄の着物 ⇒ 徳川将軍の御台所 (正式奥様?)
                                 この時点では、徳川家綱夫人の
                      浅宮顕子さん(1640~1676)
 白銀300目迄の着物 ⇒ 江戸城大奥勤務キャリア女性達
 この時は金含有量は未だ多かったので、
 1609年制定の公定相場、
 金一両=銀五十匁=約12万円とすると、
 着物一着のお値段の天は、120万円となります。
 この時の老中の一人が稲葉正則 (1623~1696) 春日局の孫、  
 彼発案の政策なら春日局の差異表示意志の継承に?
 
 1683年、天和の禁令 (奢多禁止令) はデザイン迄。
 とうとう、江戸幕府官僚はデザインまでも介入する事になります。
 江戸庶民女性に金糸を用いた刺繍織物、総鹿の子絞りの着物
 着用を厳禁にする始末です。
 更に小袖着物のお値段は銀200匁=金4両までとされました。
 この時の大老は堀田正俊 (1634~1684)
 何と、またもや、彼は春日局さんの養子です。 続く。

*浅宮顕子さんの父は伏見宮 貞清親王 (1596~1654)
  母は宇喜多秀家(1573~1655)のお嬢さん(養父は豊臣秀吉)。

尚、美服禁止令の詳細は
   「慶長小袖、寛文小袖、奢侈禁止令」 でご覧下さい。

蕾の桜
spacer
蕾の桜

|

« 大奥組織階層 着物で差異 29 | トップページ | 江戸ファッション規制 金襴に 31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奢侈禁止令 = 美服禁止令 30:

« 大奥組織階層 着物で差異 29 | トップページ | 江戸ファッション規制 金襴に 31 »