« お市の方のお孫さん達 18 | トップページ | 春日局と徳川和子 20 »

2007年2月15日 (木)

着物ファッション = 徳川和子 19

 「慶長小袖」 を普及 ・生産着数を増大させる事に貢献した方が
 お市の方と浅井長政との間の三人お嬢さん、
 淀殿 ・お初 ・お江さん達です。

 それを更に発展させ、豪華な着物を庶民の羨望の的にした方が、
 徳川和子 (後の東福門院) さんと云っても過言ではありません。

 彼女は徳川幕府と天皇家との融和策の 「虹」 にされました。
 彼女の夫は、後水尾天皇 (在位 1611~1629) (1596~1680)
 後水尾帝は天皇位をリタイヤー(retire)された後も、ご子息達の
 明正 (和子さんとのお嬢さん)・後光明 ・後西 ・霊元天皇
 の後見をされたお方です。

 徳川和子さんは 「お嬢さん中のお嬢さん」 で
 「お嬢さん」 の典型的なモデルであり、この時代 (とき) の
 ファッションリーダーであり、ファッションモデル (model) です。

 決して、表面上の 「お嬢さん」 と云うお話しをしていません。
 確かに、和子さんはこの時代のトップリーダーの娘さんですから、
 経済的背景は揺るぎないものがあった事は事実です。
 それは、それは、両親を始め、お爺さんの家康も含め、
 脇を固める方々のありとあらゆる教育をお受けになった筈です。
 (「虹」 設定は徳川家康企画ですので、
  和子さん誕生時点で、後水尾天皇のお后にとの体制造り。)
 久方振りの民間人血脈導入の試みですのでそれはそれは・・・。

 徳川和子さん入内への天皇家側に対する斡旋工作作業は、

☆藤原氏長者の近衛信尋 (のぶひろ) (1599~1649)
  彼の父は後陽成天皇で母は近衛前久 (さきひさ) のお嬢さん。
  後水尾天皇の同母弟です。近衛家の養子になられました。

☆武将では藤堂高虎 (1556~1630)
  後水尾帝の譲位意志に対して、翻意促し役をしました。

☆女性軍では阿茶の局さん (?~1621) の暗躍
  家康の6男と云われている松平忠輝 (1592~1683) の母
  松平忠輝は後、越後国高田七十五万石を拝領しています。
  (ここが、あばちゃ・あねちゃ方言地区でございます。)

☆もう一人の女性は春日局さん (1579~1643)  彼女は次回に。

春の梅
spacer
春の梅

|

« お市の方のお孫さん達 18 | トップページ | 春日局と徳川和子 20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 着物ファッション = 徳川和子 19:

« お市の方のお孫さん達 18 | トップページ | 春日局と徳川和子 20 »