« 織田信長のファッションセンス15 | トップページ | 慶長小袖と堺商(職)人 17 »

2007年2月 9日 (金)

金襴顧客 淀殿 お初 お江与 16

 金襴 ・銀襴緞子着物をお召し下さるお客様は何と云っても、

 信長の姪御さんで、お市の方と浅井長政のお嬢さん、

 淀殿(豊臣秀吉夫人) (1567~1615)
 お初(京極高次夫人) (1570?~1633)
 お江(徳川秀忠夫人) (1573~1626)
 さん達の三姉妹、three sisters。
 ややお年をめされた高台院 (秀吉最初の奥様) (?~1624)
 らの方々です。

 美の競演と美味しいものの饗宴の日々。
 久方ぶりの平和の毎日、「宴」 の世界には、
 華やかな女性が表の主役です。
 (裏は当然、政治折衝に明け暮れる殿方達の攻防。)

 美の追求は留まる事を知りません。

 留まった時点で 「女性の性 (さが)」 を放棄した事に。
 要は恥も外聞を忘れた単なる元、白雪姫願望のオバアサン。
 ってな失礼な事は申し上げませんが・・・。
 私どもは、未だかってその様な女性を見た事が有りません。
 と云うのは商売柄??? 減らず口はさておき、

 美の競演は美の連鎖を生みます。
 殿方は、せっせと 「お金獲得と消費」 のお役目です。
 金襴 ・銀襴緞子は如何に高価と云え、
 「建造物」 程コストは当然、費 (つい) やしません。
 「心が通わない美」 は、ややもすると、建造物を引き立てる
 建設費のインコストに含まれてしまうかも知れません。

 そうは云っても 「美しく・綺麗」 な事に越した事はありません。
 ここの所が、難しく、何ともいやはや・・・・・。
 やがて、「慶長小袖」 ファッションが花開きます。 続く。

暖冬の梅
spacer
暖冬の梅

|

« 織田信長のファッションセンス15 | トップページ | 慶長小袖と堺商(職)人 17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金襴顧客 淀殿 お初 お江与 16:

« 織田信長のファッションセンス15 | トップページ | 慶長小袖と堺商(職)人 17 »