« 庶民 ゆえの 粋・いなせ 7 | トップページ | 庶民 こその 粋・いなせ 9 »

2007年1月25日 (木)

庶民 だから 粋・いなせ 8

 江戸時代になる迄、庶民にとってはファッションなんて代物は
 高嶺の花、見た事も聞いた事も触った事もない範疇でした。
 服は単なる機能を満たすツール (tool)。
 (暑さ・寒さ・恥ずかしさ 等々)
 布さえお召しになれなかった方も大勢いらっしゃいました。
 江戸幕府三代将軍、徳川家光が最終的に
 豊臣シンパシー・内部反逆軍団を駆逐し、
 江戸 ・京都 ・大阪の三都に消費背景が整った時点で
 庶民にもファッションの 「気持ち」 が芽生え始めたのです。
 所詮、成り上がりファッションとはおっしゃらないで下さい。
 最初は皆さん誰しも、此処からのスタートになる訳ですから。
 「富 ・権力 ・権威」 は何処かの時点で、どちら様かが獲得し、
 nextの方々が乗数効果的に発展なし得た方のみのものです。
 日本は世界に冠たる 「自動車メーカー」 になりそうですが、
 国策会社のニッサンを除き、トヨタ・ホンダさんらは
 日本に冠たる 「町工場 (まちこうば)」 からのスタートです。
 ソニー・パナソニック・シャープも然りです。
 私どもアパレルと称する <暴(あば)れるとも> 業界でも
 カシヤマ・レナウン・ワールド 皆さんどっこいです。
 藤原氏は中臣鎌足 (614~669)
 徳川氏は松平親氏 (?~?)
 明治維新後の成り上がり軍団
 明治以後の戦争恩恵の成り上がり軍団
 1945年8月15日以降のどさくさ成り上がり軍団
 直近では
 IT ・医療介護成り上がり軍団
 創始者は 「富 ・権力 ・権威」 無しの皆さんです。      続く。

|

« 庶民 ゆえの 粋・いなせ 7 | トップページ | 庶民 こその 粋・いなせ 9 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/13343090

この記事へのトラックバック一覧です: 庶民 だから 粋・いなせ 8:

« 庶民 ゆえの 粋・いなせ 7 | トップページ | 庶民 こその 粋・いなせ 9 »