« 粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 1 | トップページ | 粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 3 »

2007年1月13日 (土)

粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 2

 「いき」 「すい」 「いなせ」 の広辞苑解説より、
 これらの 「言葉」 は 「江戸時代の感性」 としてとらまえて
 よいのではないかとわたくしどもは、考えております。
 
 又、「江戸時代の女性衣装」 で語りましたように、
 初めて庶民の方々が 「服」 をファッションと感じた時代 (とき)
 から生まれ出た 「感性」 だと考えています。

 更に、この感性は、「わび・さび」 の感性を
 スパイラル的に発展させた発想ではないかとも考えます。

 「いき」 「すい」 (粋) 「いなせ」 (鯔背) は
 既に若者にとって、今や死語になっているのかも知れません。
 しかしながら、言語 ・言葉は廃 (すた) れても、
 日本人の DNA の中には残像しており、感性として、
 脈々と引き継いでいるのではないかと思っているのですが・・・。

 これ又、各々皆様方の 「感じる心」 ですので、
 わたくしどもが、勝手に考えているだけかも知れません。

 これ以後展開する文脈で、
 その DNA を上手く、解 (と) き解 (ほぐ) す事ができれば
 と企図しているわたくしども、ZIPANGU です。
 生地の材質を究明する際、布を解す事には長けているのですが、
 事、「感じる心」 「感性」 「心音 (根)」 の問題ですので・・・・・。
 
 宜しければ、お付き合い頂けますと嬉しい私どもです。 続く。

|

« 粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 1 | トップページ | 粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/13342894

この記事へのトラックバック一覧です: 粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 2:

« 粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 1 | トップページ | 粋(いき)・鯔背(いなせ)と服 3 »