« 足利義満の更なる攻撃 57 | トップページ | 応仁・文明の乱⇒侘び・寂び 59 »

2006年12月25日 (月)

足利義満を取り巻く女性達 58

 義満は、名うての色男だったやも知れません?
 豊島 (字が違います。) キラー (killer) だった感じです。
 義満は、なな何と人様のお美しい奥様を好んで所望された由。
 又、旦那様方は、喜んで?奥様を送り出したとの事です。
 嘘か誠か、誠か嘘かは不明ですが、今谷氏に依りますと、

中山親雅 (1353~1402 花山院家の末裔) の奥様、加賀局さん
足利満詮 (1364~1418 義満と同母弟) の奥様、誠子さん
日野資康 (1348~1390 義満奥様の兄) の奥様、池尻殿さん
満仁王 (?~? 後宇多帝の弟の孫) のいい人、小少将さん

 らは、義満の元に行かれちゃったとの事です。
 勿論、義満には日野業子 (1351~1405) さんと云う歴 (れっき)
 とした奥様が存在しました。
 義満に紹介、嫁がせたのが、義満エイド三人衆のお一人、
 日野宣子さんでした。業子さんは宣子さんの姪に当たります。
 残念な事に、お二人にはお子さんができませんでした。
 更に更に、業子さんが亡くなった後には、今度は業子さんの姪の
 日野康子 (1369~1419) さんが奥様になっているのです。
 この方もお子さんに恵まれず、義満を嗣いだ
 足利義持 (1386~1428 4代将軍) と弟の、
 足利義教 (1394~1441 6代将軍) の母は、
 醍醐寺三宝院坊官 安芸法眼の慶子お嬢さんでした。
 又、義持の奥様は、日野栄子 (1390~1431 康子妹) さん。
 お子さんが足利義量 (1407~1425 5代将軍)
 又、義教の奥様は、日野宗子 (?~?) と彼女の妹の、
 日野重子さん (1411~1463) お二人の父は、
 日野康子さんの弟、日野(裏松)重光 (1370~1413)。
 義教と重子さんとのお子さんが
 足利義勝 (1434~1443 7代将軍)
 足利義政 (1436~1490 8代将軍 息子の義尚が9代将軍)
 足利義視 (1439~1491 息子の義材が10代将軍)
 そして、義政の奥さんが、メジャーな日野富子になり、
 日野家の別一族は没落しますが重子さんが、奮闘 ・頑張り、
 こちらの日野家は、この世の春を迎え、栄華を極めるのです。
 これ以後の展開は 「戦国時代 空白の衣装時空 京都」 で。

 本題の、足利義満を取り巻く女性達に戻ります。
 最初に紹介しました3名の奥様と一名のいい人以外にも、
 義満は数多 (あまた) の女性とお付き合いなさっています。
 (ワンショットではなく長年、衣食住のお世話を為さっています。)
 それらの女性の大半は、宮中にお勤めされていた、
 才長け、見目麗しい、素敵な、キャリアーの女性達です。
 (いや、もとい、 と思われます。)
 故に強 (あなが) ち、義満の 「富」 と 「権力」 のみに
 絆 (ほだ) されて 「身」 をお任せになったとは限りません。
 確かにバツイチの女性にした殿方 (前夫) らは、
 その後、栄達の道を極めている事は確かです。
 お一人、お二人でしたら、大好きな夫の昇進を願い、
 その様な事態になる事を厭わなかった方がいても・・・・・。
 しかしながら、何せ、桁が違い過ぎます。
 故に、義満は 「富」 と 「権力」 以外、秀でた 「魅力」 を
 お持ちになっていたに違い有りません。
 これ以上語りますと、「溜息」 が出てしまいますので止めます。

 昨日は 「クリスマス・イブ」
 皆さん、楽しい時空間を過ごされましたでしょうか? 続く。

|

« 足利義満の更なる攻撃 57 | トップページ | 応仁・文明の乱⇒侘び・寂び 59 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12771484

この記事へのトラックバック一覧です: 足利義満を取り巻く女性達 58:

« 足利義満の更なる攻撃 57 | トップページ | 応仁・文明の乱⇒侘び・寂び 59 »