« そうだ京都、木枯らし寺院? 49 | トップページ | 足利義満はラッキーx2 51 »

2006年12月 9日 (土)

足利義満はとてもラッキー 50

 義満は1358年生まれでした。
 世の中は未だ南北問題続行中。
 彼の幼い時点では南側からの京都攻撃を回避する為、(1361年)
 赤松則祐 (1314~1371) の拠点、播磨国で保護されています。
 赤松則祐は赤松則村 (円心) (1314~1371) の息子。
 赤松則村 (円心) は初期は南側、1335年より北側へ。
 北側へ方針転換後は足利尊氏より播磨国守護を安堵され、
 息子の則祐は備前国守護になります。
 赤松則祐は足利義詮らを補佐し室町幕府をエイド( aid  )。
 足利義満は京都が安定してから入京します。
 彼の母は、「足利義満 一時の華やかさ」 で紹介しました。
 父の義詮が1367年に亡くなり、翌1368年には征夷大将軍に。
 この時、若干11歳 (数え)。
 1367年より初ばさら大名の佐々木道誉、赤松則祐らの推挙により
 執事 (後の管領) になっていた
 細川頼之 (1329~1392) らに補佐されます。
 細川頼之は三河国細川郷 (現在の愛知県岡崎市) の生まれ。
 元々、足利家と細川家は一族同士、
 足利家の祖、源 (足利) 義康 (1127~1157) の末裔達。
 源 (足利) 義康は源義家の孫。
*「初ばさら (婆沙羅) 大名」 の佐々木道誉 (どうよ)は、
 京極高氏 (1296~1373)。
 南北朝時代の 「流行語」 と云われている「婆娑羅 ・時勢粧」。
 広辞苑では、「派手にみえを張ること。」 「遠慮なく振舞うこと。」
 たぶん既存体制にアンチ (anti) を
 唱えられた固定概念破りの方だったと思われます。
 ファッション業界ではアバンギャルド (仏 avant-garde)。
 私どもはファッションの原点であると思っていますが・・・。
 因みに世の常ですが、
 室町幕府は 「建武式目」(1336年)で 「婆娑羅禁止」 でした。
 彼の祖は宇多源氏。後に近江国守護を勤めた、
 佐々木信綱 (1181~1242) はご先祖。
 信綱は、承久の変の際に、北条泰時 (1183~1242) 側に与す。
 信綱の末裔は京極・尼子氏、
 又、お市さんのお嬢さんで、
 淀君の妹、お初さんが奥様で有名な京極高次 (1563~1609) ら。
                  続く。

|

« そうだ京都、木枯らし寺院? 49 | トップページ | 足利義満はラッキーx2 51 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12721641

この記事へのトラックバック一覧です: 足利義満はとてもラッキー 50:

« そうだ京都、木枯らし寺院? 49 | トップページ | 足利義満はラッキーx2 51 »