« 鎌倉五山の順列 42 | トップページ | 京都五山の順列 44 »

2006年11月25日 (土)

鎌倉武士の京都遷都 43

 源義家の末裔、足利尊氏 (1305~1358) は、紆余曲折の経て、
 1338年に光明天皇 (1321~1380)(在位1336~1348) より
 征夷大将軍を賜り、正式に京都室町幕府が誕生する事に。
 翌1339年には後醍醐天皇 (1288~1339)(在位1318~1339)
 が逝去されます。
 色んな経緯を踏まえ尊氏は弟の
 足利直義 (1306~1352) らと打ち合わせ
 後醍醐天皇の鎮魂を旨とし、お寺を建立する事に。
 光厳(こうごん)上皇 (1313~1364)(在位1331~1333) の院宣
 を以て 「天龍寺」 を建てる事になりました。
 足利直義は夢窓疎石 (1275~1351)
 (最終的には臨済宗の禅僧で日本人。)
 に元への貿易船の出向を許可し、引き替えに天龍寺の建立費用
 の一部を上納させる事に。
 これが 「天龍寺船」。
 夢窓疎石、自らは元に赴いてはいません。
 1345年には落慶し、後醍醐天皇の七回忌法要が営まれました。
 がしかし、未だ室町幕府政権の内部抗争が決着しておらず、
 更に地方実力者の山名氏や大内氏などの立場が不明確状態。
 尊氏の息子、足利義詮 (1330~1367)(将軍在位1358~1367)
 を経て、室町幕府3代将軍、
 足利義満 (1358~1408)(在位1368~1394) の時代に漸く
 室町幕府は安定期を迎える事になります。           続く。

 次回は「そうだ京都、行こう」  紅葉真っ盛りの京都のお寺。

楓の紅葉カラーを約一ヶ月に渡り
色の変化をお届けしました。
15色目になります。
「曼殊院の紅葉」
もこんな感じかしら

尚、「補色とグラデーション 2006年版」 で全15色をご覧頂けます。

|

« 鎌倉五山の順列 42 | トップページ | 京都五山の順列 44 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12606655

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉武士の京都遷都 43:

« 鎌倉五山の順列 42 | トップページ | 京都五山の順列 44 »