« 藤原伊子と源通親 34 | トップページ | 道元と北条時頼 36 »

2006年11月 9日 (木)

道元と源通親 35

 道元の父母、伊子さんと通親の説ですが、昔は通説でした。
 しかしながら最近の研究により、道元の父は
 通親の2男の堀川通具との説が有望視されています。
 真偽は蚊帳の外ですが、
 何れにせよ、源通親の血脈混入は不動です。
 2014年に15歳 (数え) に出家し (1200年生まれ) 道元と。
    天台宗をお勉強して、
 1217年に建仁寺にて栄西の弟子、明全(1184~1225)の弟子に。
 1223年に明全と共に博多から舟で宋へ。
 と云う事になっています。
 この頃の舟旅は決して船旅ではなかった思いますが、
 どの様な感じなのかは想像をしかねます。
 奈良時代の鑑真に比しては安全だったとは思いますが・・・。
 1228年に日本に辿り着いていますので航海は無事だった事に。
 宋に滞在中明全は亡くなり栄西は日本で他界します。(1225年)
 ここで素朴な疑問です。意思疎通の為の 「中国語」 は?
 栄西 ・明全 ・道元達は渡航前に中国語を学んだのでしょうか?
 もし学習したとしたら、一体誰が先生?
 それとも現地修得?
 ここの点がどうもいつも腑に落ちません。
 私どものデザイナーが語る所では、
 イタリア語・フランス語の片言覚えで現地に渡っても、
 職業(目指すもの)が一緒ならば、
 何とはなしに覚えてしまうと云ってますが・・・。
 「もの作り」 と 「思想」 の違いがありますので・・・。
 意外と知らなくても何とかなるのかも知れません。 続く。

追 弊社デザイナー曰く、
   何とは無しに、聞く、見る、等の5感をフル出動して、
   感性で覚えるのが一番だったそうです。

楓の紅葉カラーを約一ヶ月に渡り
色の変化をお届けしています。
7色目になります。
関東以北の山々では
既に白いもので染めています。

|

« 藤原伊子と源通親 34 | トップページ | 道元と北条時頼 36 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12579627

この記事へのトラックバック一覧です: 道元と源通親 35:

« 藤原伊子と源通親 34 | トップページ | 道元と北条時頼 36 »