« 藤原範子と兼子(卿局) 33 | トップページ | 道元と源通親 35 »

2006年11月 7日 (火)

藤原伊子と源通親 34

 そして、本題、藤原 (高倉) 範子さんの次の奥様は、
 道元をこの世に送り出した藤原伊子さん。
 道元は1200年生まれですので源通親の52歳の時のお子さん。
 因みに源通親 (1149~1202) のお子さんは、

奥  様 お子 生没年 通親
花山院忠雅のお嬢さん 通宗 1168~1198   20歳
平教盛のお嬢さん 通具 1171~1227 堀川氏 23歳
藤原(高倉)範子さん 通光 1187~1248 久我氏 39歳
藤原(高倉)範子さん 定通 1188~1247 土御門氏 40歳
藤原(高倉)範子さん 通方 1189~1238 中院氏 41歳
藤原伊子さん 道元 1200~1253   52歳

 以外にもお子さんはおられると思いますが
 確証が有りませんので?
 通親の嫡流となるのは三男の通光です。 久我家
 明治維新でメジャーな岩倉具視 (1825~1883)は、
 久我家 (こが) の庶流で岩倉家になります。
 岩倉具視自身は堀河家の生まれで岩倉家の養子です。
 最近は映画テレビに出演されませんが、女優の
 久我美子(くがよしこ 旧姓こが) さんは源通親の末裔です。

 藤原伊子(これこ) さんは (1167?~1207?) で生没年は不明。
 源通親との馴れ初めも分かりません。
 昔の義兄弟、落ちぶれてしまった藤原 (松殿) 基房 が
 源通親の権力を極めた状況を鑑みお嬢さんに頼んだか、
 或いは、源通親の後家好み虫が蠢いたかは何とも・・・。
 人様の恋路には触れないのが礼儀。
 通親は彼の誕生から2年後に他界しますので、
 道元は3歳で父親をなくした事になります。   続く。

楓の紅葉カラーを約一ヶ月に渡り
色の変化をお届けしています。
6色目になります。
朝晩はめっきり秋模様
くれぐれも、お風邪など召さぬよう。

|

« 藤原範子と兼子(卿局) 33 | トップページ | 道元と源通親 35 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12579515

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原伊子と源通親 34:

« 藤原範子と兼子(卿局) 33 | トップページ | 道元と源通親 35 »