« 高階栄子(丹後局)と山科言継 30 | トップページ | 幸運の女神は源通親に 32 »

2006年11月 1日 (水)

源頼朝の娘(大姫)と源通親 31

 1190年に後鳥羽帝は11歳 (数え) で元服します。
 この期に乗じて、九条兼実はお嬢さんの任子さんを入内させます。
 彼女は中宮、後の宜秋門院 (ぎしゅう) (1173~1238) に。
 丹後局さんと後白河法皇に取り入り、外堀を埋めた
 源通親は当初の目論見の養女、在子さんの入内作戦。
 兼実に遅れる事一年後の1191年に、
 局さんと法皇のお陰で、在子さんが女御として入内します。
 源通親にとっては順風満帆の時が過ぎようとしていたのですが、
 1192年に後白河法皇が亡くなります。
 九条兼実にとっては、うふふ?
 彼のバック (back) には、源頼朝が。
 兼実は源頼朝に征夷大将軍の位を授けます。
 これが 1192 ツクロウ鎌倉幕府。
 京都に於いて恐いもの無しの状態になった兼実は我が世の春。
 源通親にとっては窮地に陥りました。
 この状況を打開すべく通親は策を巡らせます。
 九条兼実と源頼朝との関係裁ち切り作戦です。
 1195年東大寺再建供養で、頼朝が2度目の上洛をした際に
 彼のお嬢さんの大姫を後鳥羽帝に入内させるよう計らう策です。
 この役者として兼実とは折り合いが悪い丹後局=高階栄子さんが
 暗躍し、源頼朝をその気にさせます。   続く。

楓の紅葉カラーを約一ヶ月に渡り
色の変化をお届けしています。
3色目になります。
今日から11月 (霜月)
外は刻々微妙な変化。

|

« 高階栄子(丹後局)と山科言継 30 | トップページ | 幸運の女神は源通親に 32 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12513112

この記事へのトラックバック一覧です: 源頼朝の娘(大姫)と源通親 31:

« 高階栄子(丹後局)と山科言継 30 | トップページ | 幸運の女神は源通親に 32 »