« 丹後局と源通親 29 | トップページ | 源頼朝の娘(大姫)と源通親 31 »

2006年10月31日 (火)

高階栄子(丹後局)と山科言継 30

 今回は、高階栄子(丹後局)さんの末裔のお話です。
 彼女の前夫は平業房 (?~1179)、後白河上皇の近臣で、
 鹿ヶ谷の陰謀事件のリメイク (remake)、治承の変に参画。
 平清盛に咎められ哀れな最期を迎えた方。
 このお二人の息子、藤原(冷泉)教成(のりしげ) (1177 ~1239)
 は藤原実教 (曾祖父が藤原顕季、兄に四条隆季 )
 の養子になり、やがて、時代が下り、室町時代末期に活躍された
 山科言継 (やましなときつぐ) に行き着きます。(1507 ~1579)
 彼の仕事は、内蔵頭(くらのかみ)
       御厨子所(みずしどころ)別当 をされていました。
 内蔵頭は 「朝廷内の衣服の調達」 が主な仕事です。
 故に、私ども ZIPANGU にとりましても非常に興味が。
 更に御厨子所も兼務ですので、帝の食事材料を確保する仕事も。
 彼は、仕事柄、昔の儀式・作法 (有識故実) を
 研究しなければ成らない立場。
 平安みやびな世が語り伝えた伝統を、室町時代に
 一条兼良⇒三条西実隆⇒山科言継と繋いで下さいました。
 有識故実の山科流は江戸時代に途絶えますが、
 文献を残して下さっているお陰で私どもは確認できます。
 更に又、山科言継は 「言継卿記」 と云う日記を
 1527年(今現在確認できる年)から書き留めてくれましたので、
 戦国時代の社会状況を知り得る貴重な文献資料になっています。
 つい回り道を。 次回は源通親に戻ります。 続く。

☆室町時代の衣装と続 戦国時代の
  「一条兼良と三条西実隆」  「山科言継 ・「言継卿記」」
  で触れていますのでご覧下さい。

*「山科」 は現在の京都山科区で後白河法皇が
 高階栄子(丹後局)さんへプレゼントされた土地です。
 又、ここの 「冷泉」 は藤原定家の末裔の冷泉家とは異なります。

 
楓の紅葉カラーを約一ヶ月に渡り
色の変化をお届けしています。
2色目になります。
皆さんの地区は如何ですか?

|

« 丹後局と源通親 29 | トップページ | 源頼朝の娘(大姫)と源通親 31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12498673

この記事へのトラックバック一覧です: 高階栄子(丹後局)と山科言継 30:

« 丹後局と源通親 29 | トップページ | 源頼朝の娘(大姫)と源通親 31 »