« わび(侘び)・さび(寂び)と禅 20 | トップページ | 「禅宗」 「ZEN」 栄西 の触り 22 »

2006年10月13日 (金)

「禅宗」 「禅」 「ZEN」 の触り 21

 分からないときは、すぐ 「広辞苑」。
 ぜん‐しゅう 【禅宗】 とは
 仏教の一派。
 その教旨は、仏教の真髄は坐禅によって直接に体得されるとし、
 教外 (きょうげ) 別伝 ・
 不立文字 (ふりゅうもんじ)・
 直指人心 (じきしにんしん)・  
 見性成仏 (けんしょうじょうぶつ)
 を主張する。
 六世紀前半、達磨 (だるま) が中国に伝え、のち五世弘忍に至り
 その門下二派に分れ、
 六世慧能は南宗を、
 神秀は北宗を開いたと伝える。
 慧能の門下南岳の門から臨済 ・○仰 (いぎょう) の二宗を出し、
 青原の門から曹洞 ・雲門 ・法眼(ほうげん)の三宗を出し、
 合して五家 (ごけ) ・五派と称する。
 また、臨済の門から楊岐 ・黄竜の二派を出し、
 合して七宗という。
 わが国では、
 1168年 (仁安三) 栄西が入宋して臨済宗を伝え、
 1223年 (貞応二) 道元が入宋して曹洞宗を伝え、
 1654年 (承応三) 明の黄檗山の隠元が渡来して黄檗宗を開いた。

 禅宗と来たら、座禅を組んで、肩をピシャリ。
 抹茶の栄西 煎茶の隠元。
 この橋 (端) 渡るべからずの頓智の一休さん。 トンチンカン?
 この程度ですので、推して知るべしです。 続く。

|

« わび(侘び)・さび(寂び)と禅 20 | トップページ | 「禅宗」 「ZEN」 栄西 の触り 22 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12263524

この記事へのトラックバック一覧です: 「禅宗」 「禅」 「ZEN」 の触り 21:

« わび(侘び)・さび(寂び)と禅 20 | トップページ | 「禅宗」 「ZEN」 栄西 の触り 22 »