« 藤原(高倉)範子と源通親 28 | トップページ | 高階栄子(丹後局)と山科言継 30 »

2006年10月29日 (日)

丹後局と源通親 29

 丹後局さんは、後白河法皇の晩年にとても仲睦まじかった女性。
 平氏と共に都落ちした安徳天皇に変えて後鳥羽天皇を帝に推挙
 したと云われている女性です。
 本名、高階(たかしな)栄子さん。 (?~1216)
 源通親は、
 「将をを射んと欲すれば先ず馬を射よ」 作戦に出ます。
 丹後局さんと後白河法皇との間には、お嬢さんがおられました。
 そのお嬢さんを通親は強引にも 「女院 (にょいん・にょういん)」
 にする策動に打って出ます。
 女院は基本的には皇后、帝の生母、又は準ずる准母 (じゅんぼ)
 をされた方が頂ける称号です。 (後には変容)
 この称号は名誉のみでなく経済的背景も備わっているのです。
 日本最初の女院は、藤原道長のお姉さんの 「東三条院 (詮子)」
 二番目は、道長のお嬢さんの 「上東門院 (彰子)」 さんです。
 丹後局さんのお嬢さんは、「帝」 をお産みになっていません。
 従って、彼女は女院になれません。
 しかし、源通親は手練手管で、彼女を女院にしてしまいます。
 前例のない快挙。 「宣陽門院」 (1181~1252) の誕生です。
 「院」 ですので組織が置かれ (院庁) そこの諸務を司る院司に
 源通親が就任します。 彼の経済的基盤も増す事に。
 丹後局さんと後白河法皇にとっては、彼は愛 (う) い奴。
 特に、丹後局さんにとっては万々歳。
 彼は、覚え目出度い存在になってしまうのです。 続く。

 
楓の紅葉カラーを約一ヶ月に渡り
色の変化をお届けしています。
既に、北海道 ・札幌は色づいた
とのお天気情報です。

|

« 藤原(高倉)範子と源通親 28 | トップページ | 高階栄子(丹後局)と山科言継 30 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12473329

この記事へのトラックバック一覧です: 丹後局と源通親 29:

« 藤原(高倉)範子と源通親 28 | トップページ | 高階栄子(丹後局)と山科言継 30 »