« 湯巻き登場はシャネルと同じ 17 | トップページ | 再び鎌倉時代の湯巻きに 19 »

2006年10月 7日 (土)

再びシャネルの偉大さ 18

 女性の締めつけられた、胸 (バスト)、腰 (ウエスト) を
 解放して下さったシャネルさん。
 大半の女性の方々にとっては、大歓迎でした。
 ジャージーの持つ体に対する優しさ (一方ではだらしなさ)。
 突然ですが、ジャージーの説明を忘れていました。
 ジャージーとは、「編み物」 です。
 英国のジャージー島が産地だった事からの命名です。
 ご存じの方は飛ばして下さい。
 服の素材 (生地) は大別して、「織り物」 と 「編み物」
 しかありません。

 「織り物」は、 2本の糸で作られた 「布」
 「編み物」は、 1本の糸で作られた 「布」
 分かりやすくは、 ジーンズが 「織り物」  
  ポロシャツが 「編み物」 になります。

 故に1本の毛糸などで作成されるスウェータは 「編み物」 に。
 今時、クリスマスの時期に彼女から心が籠もった手作りの
 ニット (knit) のマフラー、帽子、手袋のプレゼントは時代錯誤?
 お二人が一本の 「糸」 で結ばれる・・・・・。            続く。

|

« 湯巻き登場はシャネルと同じ 17 | トップページ | 再び鎌倉時代の湯巻きに 19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12177604

この記事へのトラックバック一覧です: 再びシャネルの偉大さ 18:

« 湯巻き登場はシャネルと同じ 17 | トップページ | 再び鎌倉時代の湯巻きに 19 »