« 鎌倉の都の女性達 14 | トップページ | 紅袴(パ★ツ)が無くなる? 16 »

2006年10月 1日 (日)

ファッション革命 湯巻き 15

 この鎌倉時代に着物の世界に革命と云っても良い出来事が一つ。
 「湯巻き」 と云うアイテム (item) が
 お風呂の世界から表の世界に出現しました。
 平安時代で高貴な方の入浴の際にお手伝いされる女性が
 お召しになっていた単品です。 (ストレートラップスカート風)
 順徳天皇 (在位1210~1221)(1197~1242) が記された
 「禁秘抄」 に女房 (キャリアウーマン) が宮中で
 着用されていた事実をお示し下さっています。
 このアイテムの何処が革命的かと云いますと、
 女房のお仕事着の 「紅袴」 着用の義務が解かれた事です。
 紅袴が必携でなくなり、ボトム(スカート等)単品として、「湯巻き」
 でも大丈夫と云う事になったのです。
 湯巻きがボトムの役割をこなせるとは考えにくいので、
 紅袴を脱いでしまったと云う方が正確な表現になります。
 
 ここでどうしても kid’s goo フィルター規制に一言。
 このブログ (舞絽倶) 及び姉妹の 「日本の服の歴史」 での
 使用語句でいとも簡単にはじき飛ばされてしまう語句が有ります。
 それは 「パ★ツ」「☆ン☆」 です。
 「袴」 を現代風に云いますと 「ワイドバギーパ★ツ」 です。
 私ども服の世界では pants は、
 昔の物言いでは、スラックス (slacks) 、メンズではズボンの事。
 米語でも pants は、(a pair of) trousers で= pants です。
 十中八九、規制担当者は 「パ★ツ」 はアンダーウェアーで
 ショーツ(shorts) 、或いは
 panties  と範疇化されている感じがします。
 今の世でも、 「パ★ツ」 = panties  が常識なのでしょうか?
 少なくても、素敵で、お洒落な殿方は、
 今後は、相手の女性に対して panties と表現なさらず、
 「今日の shorts は素敵だよ。」 何ておっしゃったら、
 それだけども、貴男の株は急上昇間違いなしです。後はよしなに。
 と思わず書いてしまいましたが、
 このページもフィルター規制にかかってしまう恐れがあります。
 これからの日本を背負って立って下さる子供達に、
 この事実を中々、メッセージ (message) できません。 続く。

|

« 鎌倉の都の女性達 14 | トップページ | 紅袴(パ★ツ)が無くなる? 16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/12105434

この記事へのトラックバック一覧です: ファッション革命 湯巻き 15:

« 鎌倉の都の女性達 14 | トップページ | 紅袴(パ★ツ)が無くなる? 16 »