« WABI(和美)、SABI(差美) 4 | トップページ | 源義朝と坊門姫 6 »

2006年9月11日 (月)

一条能保と坊門姫 5

 一方、武家軍団の方々
 超初期、源頼朝の息子達は、
 鎌倉育ち故の、京都文化への憧れから、
 それらの、京都公家文化に染まろうとします。
 逆バージョンですと京都公家軍団は彼らを染めようとします。      
 この時空で鎌倉方と好美を結び、時読み的中した方(結果論)は、
 一条能保 (1147~1194)
 彼は、藤原道長さんの末裔になります。
 とは云うものの、「道長さんがお亡くなりになって」 120年以上も
 経過していますので、この時点では、数多いらしたと思います。
 彼は、道長さんの次男坊、藤原頼宗 (993~1065)、
 紫式部のお嬢さんの賢子 (大弐三位) と
 大の仲良しさんだった事で有名な?お方の末裔にもなります。
 能保の奥様は、頼朝の同母妹か姉である、坊門姫。
 お二人のもうけたお嬢さん方、
 お一人は九条兼実 (1149~1207) の息子、
 九条良経 (1169~1206) に、
 もう、お一方は、藤原閑院流、西園寺公経 (1171~1244) の、
 奥様になり、
 良経カップルの息子、九条道家 (1193~1252) と
 公経カップルのお嬢さん、西園寺綸子 (1192~1252) とが 
 連れ合いになり (結婚した) 、五摂家の一条家と二条家が誕生。
 又、公経カップルのお孫さんは後嵯峨天皇 (1220~1272)
 の后になり、後深草天皇 (1243~1304) と
       亀山天皇(1249~1305) をこの世に。  続く。

☆ 「道長のお嬢さん達と息子」 で詳細が確認できます。

|

« WABI(和美)、SABI(差美) 4 | トップページ | 源義朝と坊門姫 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/11851632

この記事へのトラックバック一覧です: 一条能保と坊門姫 5:

« WABI(和美)、SABI(差美) 4 | トップページ | 源義朝と坊門姫 6 »