« 樹 ・木の葉の緑色 36 | トップページ | 悪戦苦闘の草木染め 38 »

2006年7月 9日 (日)

弥生三月 桜色に挑む 37

 春には、必ず私達の心を和ませてくれる 「桜」。
 日本文化の象徴。
 莟が綻んだかなと思っている内に、
 一気に咲き乱れ、

    桜の花片、桜色のグラデーション

 「うーん、いいんじゃない」 と思っているさなか、
 ちらちら舞い散る花片たち。
 風の悪戯に、桜吹雪の遠山の金さん。
 たった、か、来年又ね、かの、二週間ほどの儚い命。
 この時期たくさん花片を集めてみました。
 桜色を出したい為に。
 煮出して、絹布に浸食させますと、
 あーら、不思議、綺麗な 「桜」 色に、ならないのです。
 「真白き絹布は」 は、ただ 「湯通し」 した感じ。
 絹布は縮んでしまう運命に。 トホホ。 続く。
 
☆ 実際の染井吉野の一枚の花片は、もっと薄い桜色、
  ほほ、ほんのり桜色ではなく、 ほ、桜色って感じ。

|

« 樹 ・木の葉の緑色 36 | トップページ | 悪戦苦闘の草木染め 38 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/10854199

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三月 桜色に挑む 37:

« 樹 ・木の葉の緑色 36 | トップページ | 悪戦苦闘の草木染め 38 »