« 紫色に対するイメージ 18 | トップページ | 紫色のコペルニクス的転回 20 »

2006年6月 3日 (土)

violet と purple 19

 田舎特有の良い処がありますでしょう?
 よわい(齢)を重ね、中学で英語を教わった時点で
 「紫」 色のイメージに革命が起きました。

 violet ヴァイオレット すみれ。 菫色。 紫色。 (大辞林)
      スミレ(の花); スミレ色 (エクシード英和辞典より)

 菫色って私の頭の中では 「茄子色」 のバリエーションの一つで、
 とてもお気に入りの色だったからです。
 それが、なな何と辞書には紫色となっていたのです。
 これってとっても 「変」。 ヴァイオレットの 「乱」 です。
 乙巳の 「変」。 大化の改新の 「乱」 みたいなものです?
 どっち側で物事を考えたらイイノって感じ。

 purple パープル 紫色。わずかに紫がかった赤色。 (大辞林)
         紫色(のもの); (the ~) (昔皇帝や高官の用いた)紫衣;
             王位; 枢機卿(けい)の職[位]; 高位
             (エクシード英和辞典より)

 「紫」 色にもいっぱいある。
 「茄子紺茄子色」 のバリエーションと同じ様。
 
 夏、小さい頃、母親に連れて行かれた畑、
          帰りのアイスはとっても美味しかった。 続く。

☆ 平安時代のキャリアの女性の生き方を展開中 ☆
「平安時代のキャリアウーマン」 ご覧下さい。

★ いよいよドイツW.杯モードに突入しました ★
私どもも日本代表を後方より応援しています
三三七拍子 「ガンバレ 日本」
巨漢相手に、お疲れ様でした。

|

« 紫色に対するイメージ 18 | トップページ | 紫色のコペルニクス的転回 20 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/10372478

この記事へのトラックバック一覧です: violet と purple 19:

« 紫色に対するイメージ 18 | トップページ | 紫色のコペルニクス的転回 20 »