« 昔、地球はとても青かった 4 | トップページ | 虹は七色ではなかった? 6 »

2006年5月 5日 (金)

白・黒・赤・青で全色です 5

 白 黒 赤 青 の4色の観念が生まれれば、
 既にここで、全色カバーした事になります。
 無彩色の白黒を除き、RGB がフォローされたからです。
 Gのグリーン 「緑」 が無いじゃないかとおっしゃる皆さん、
 さ(然)にあらず、大丈夫なんですよ。
 日本語の 「あお」 と云う表現の観念には
 青から緑の間の色すべて含んでいたのです。
 尚、この感覚は太古です。
 更に、「あか」 と云う表現の観念には
 黄から赤の間の色すべて。
 (疲れ果てた朝方の太陽ではありませんよ? 夕日の初期の色。)
 この事により、「イエロー」が出現して CMYK も成立。
 「光の三原色(RGB)と絵の具の三原色」 はこちらで。
 とんと最近夕立が無く、目にするチャンスが無くなりましたが、
 虹の色配列をご覧下さい。
 虹の見え方は左の紫が下で右の赤が上になります。

レインボーカラー虹色の配色

  「あお」 は、ブルーからグリーンの間の色。
  「あか」 は、イエローからレッドの間の色。  続く。

☆尚、雨上がりの空に出来上がる虹の色の配色、虹色の順番は、
  下から 「紫」 「藍」 「青」 「緑」 「黄」 「橙」 「赤」 になります。
  更に詳しい事は、「続 補色とグラデーション の色々」 で。

☆天平時代の暈繝彩色ができあがりました。
  「奈良朝(奈良時代)衣装」でご覧下さい。

|

« 昔、地球はとても青かった 4 | トップページ | 虹は七色ではなかった? 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/9907667

この記事へのトラックバック一覧です: 白・黒・赤・青で全色です 5:

« 昔、地球はとても青かった 4 | トップページ | 虹は七色ではなかった? 6 »