« 縁は異なもの縁り色 16 | トップページ | 紫色に対するイメージ 18 »

2006年5月29日 (月)

紫色に対するイメージ 17

 皆さん各々の 「色」 に対しては、
 それぞれイメージをお持ちになっておられると思います。
 因みに昔の日本人がこよなく愛で、纏いたかった服色の 「紫」
 はいかが思われますか?
 ひょとしたら、あんまり良いイメージを
 お持ちになっていないのではないでしょうか?
 例えば 「夜の蝶?」 とか「場末のバー?」とか。
 バーも今や死語に近いですよね?
 バーはカウンターバーのBarの略ですが、
 銀座・六本木のワンショットバーをイメージしないで下さいね。
 場末のバーは、(私事で恐縮です。)
 私の幼稚園の頃のイメージではどこか薄暗く、
 じめーっとして、みだらな色気が漂っている空間でした。
 その所に非常にマッチする色が 「紫」 色と云う感覚でした。
 とは云うものの、実際に自分の目で見た事がありませんので、
 あくまでも架空の想像カラーでした。
 その「紫」 色のイメージは、
 後の加藤茶さんの、たんたかたんのたんたんたん♪♪♪の
 B.G.Mで踊る際のスポットカラーの残照です。
 そんな訳で、小さい頃は、
 紫色の語感にはとても嫌な感情を持ち合わせていたんです。続く。

☆ 平安時代のキャリアの女性の生き方を展開中 ☆
  「平安時代のキャリアウーマン」 ご覧下さい。

★ いよいよドイツW.杯モードに突入しました ★
私どもも日本代表を後方より応援しています
三三七拍子 「ガンバレ 日本」
巨漢相手に、お疲れ様でした。

|

« 縁は異なもの縁り色 16 | トップページ | 紫色に対するイメージ 18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/10289920

この記事へのトラックバック一覧です: 紫色に対するイメージ 17:

« 縁は異なもの縁り色 16 | トップページ | 紫色に対するイメージ 18 »