« 海外の紫色事情 紫貝 13 | トップページ | 紫色と赤色は仲良し色に 15 »

2006年5月23日 (火)

虹の配色への悪戯 14

 再度、虹の配色をご覧下さい。

レインボーカラー虹色

 虹の配色図の一番左の色が紫色になっています。
 実際の虹は、半円形の配色になり、
 一番上、TOPが紫色になります。 (副虹の場合)
 「だから一番。」 と云うような子供騙しな事は申し上げません。

 絵の具で、紫色を出すには、
 紫色の隣の青と一番右の赤を混々(まぜまぜ)して作ります。
 奈良・平安時代の顔料での紫色は、「紅色の臙脂と藍花の植物
 性顔料との混色によってつくり出されたものと思われる。」 と前出
 の長崎さんは述べられています。
 染料でもダイレクトに紫色を出せる草木原料はありません。
 高価だった紫根 (紫草の根) を原料として、
 媒染剤に椿の灰とお酢を使用して色出しをしたとの事です。
 なぜ、それ程までの力を入れ紫色を生み出しのでしょうか。
 虹の一番上の紫色と離れすぎている一番下の赤色を
 「仲良しさん」 にしたかったからではないでしょうか。        続く。

☆ 臙脂 (えんじ)
 紅花の色素を灰汁とお酢で沈殿させたものとの事。
 正月恒例の 「箱根マラソン」。 早稲田大学の臙脂の襷は有名。

★ 虹の配色の順番 主虹と副虹
 雨上がりに見える虹、最近ご覧になりましたか?
 半円状の虹の架け橋 主に見える主虹 上から下

 「赤」・「橙」・「黄」・「緑」・「青」・「藍」・「紫」 の7色

 稀にその主虹の上に副虹がかかる時があります。
 その副虹は、主虹のにかかります。
 その虹の配色の順序は、全く逆になります。

 「紫」・「藍」・「青」・「緑」・「黄」・「橙」・「赤」 の7色

 主虹と副虹の両方が見えたらとてもラッキーです。
 主虹 ⇒ 女性 副虹 ⇒ 男性 そして、
 女性 ⇔ 男性 とっても辻褄が合うと思いませんか?

|

« 海外の紫色事情 紫貝 13 | トップページ | 紫色と赤色は仲良し色に 15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/10200096

この記事へのトラックバック一覧です: 虹の配色への悪戯 14:

« 海外の紫色事情 紫貝 13 | トップページ | 紫色と赤色は仲良し色に 15 »