« 陰陽五行説の色々 11 | トップページ | 海外の紫色事情 紫貝 13 »

2006年5月19日 (金)

五行説の世界観を超克 12

 どちら様が企図された発想かは、知り得ませんが、
 なな何と、世の中・世界・宇宙を網羅していると思われた 「思想」 を
 いとも簡単に、ナニゲニ?超克してしまいました。
 五行説の世界観の上に 「徳」 と云う宇宙観を付与したのです。
 こんな素敵な考え方をむかーし・昔の日本人が考え出しました。
 「脱帽もん」 なんてレベルじゃないですよね。
 そのTOP中のTOPの 「徳」 に、「紫」 色を配したのです。
 未確認ながら隋 (589~618年) の時代に紫が評価されたとも?
 近代経済学的経済合理性で解き明かす様な代物で
 「紫」 を語る事はとても低次元なオ・ハ・ナ・シになると考えます。 
 ちーと過激かな?
 お隣中国では、紫色は、特にもてはやされてなかった感じです。
 長崎盛輝さんの 「色・彩飾の日本史」 には、
 『中国では紫は古くは間色(不正の色)として卑しまれた。』
 と記述されています。
 「不正の色」 の意味合いがよく理解できないのですが、
 色としてナンバーワンでなかった事には間違えありません。
 あくまでも中国では、
 「黄」 色が№1で、黄帝 皇帝 エンペラーです。       続く。

☆ 黄 ・青 ・赤 ・白 ・黒を五方正色
  緋 ・紅 ・紫 ・緑 ・碧を五方間色と云った様です。
  間色は時代により異なっています。
  紫色は中国春秋時代の斉の桓公さんがお好きだった感じです。
  「斉桓公好服紫」 と 『韓非子』 にあるとか?

☆ 「陰陽五行説」  は 「続 平安朝 (平安時代) 衣装」 で。

|

« 陰陽五行説の色々 11 | トップページ | 海外の紫色事情 紫貝 13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79552/10137840

この記事へのトラックバック一覧です: 五行説の世界観を超克 12:

« 陰陽五行説の色々 11 | トップページ | 海外の紫色事情 紫貝 13 »